MANTANWEB(まんたんウェブ)

夏木マリ:湯婆婆は鈴木Pをイメージ「女版でやればいい」 宮崎駿監督の助言で

アニメ 芸能
神田明神ホールで行われた「鈴木敏夫とジブリ展」の内覧会に登場した夏木マリさん(左)と鈴木敏夫プロデューサー

 女優の夏木マリさんが19日、神田明神ホール(東京都千代田区)で行われた「鈴木敏夫とジブリ展」の内覧会に、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(P)と共に登場。映画「千と千尋の神隠し」で湯婆婆(ゆばーば)の声を担当した夏木さんは、湯婆婆のモデルが鈴木さんという説があることに触れ、「ある時に宮崎駿監督が『ジブリは鈴木敏夫というのが金勘定をしている。だから悪役だと思って張り切ってやらず(湯屋の)油屋を立て直す一人の女性として、働く女性としてやってください』とおっしゃられて目の前が明るくなった。『鈴木さんの女版でやればいいんだ』と思ったら、楽しくなった思い出があります」と当時のアフレコを振り返った。

 自身がモデルという説について鈴木さんは「それはたいした問題じゃない。ジブリを経営しているのは僕。それでいうと油屋を経営しているのは湯婆婆だから、鈴木さんだと思ってということを(宮崎監督が)声を演じる夏木さんに言ったんだと思います」と分析。それを聞いていた夏木さんは「突き詰めていくと、愛があると思う。『お金勘定をしているから悪い人に見えるけど、愛はあるよ』という人間像を提示してくださったと思いました」と笑顔を見せていた。

 また鈴木さんは「いろんな作品を作ると同時にいろんな展示をやって来ましたが、そろそろネタ切れ」と苦笑い。「宮崎駿という人が本当に思い切りのいい人で、自分が持っていたものを捨てちゃう。彼が捨てると僕がゴミ箱から拾うのですが、ジブリ美術館をやるとなった時に役に立ちました。その時に宮崎が『持っているよね?』って言いました」と明かして、集まった報道陣を笑わせていた。

 「鈴木敏夫とジブリ展」は、鈴木さんの“言葉”に注目した展覧会で、鈴木さんの「原点」から「今」を、自身の書画やジブリ作品の資料を用いて紹介する。神田明神ホールならではの新展示や授与品、メニューも用意される。開展は20日~5月12日。午前10時~午後6時。入場料は大人1300円、中高生800円、小学生600円。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る