松田るか:実写「賭ケグルイ」で迫真演技! 皇伊月を完全再現?

マンガ テレビ
連続ドラマ「賭ケグルイ season2」で迫真の演技を見せる松田るかさん (C)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ2」製作委員会・MBS

 女優の浜辺美波さん主演で、人気マンガを実写化した連続ドラマ「賭ケグルイ」(MBS・TBS系)の第2期「賭ケグルイ season2」の最終話が28日深夜から順次放送される。蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ、浜辺さん)と生徒会会計・豆生田楓(まにゅうだ・かえで、中川大志さん)との公式戦、その勝負の鍵を握るのが、松田るかさん演じる皇伊月(すめらぎ・いつき)だ。松田さんは、助けを求める夢子に応じ、生徒会と決別するだけでなく、豆生田に宣戦布告した皇として、迫真の演技を披露している。

 原作は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本ほむらさん作、尚村透さん画の同名マンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子の登場で学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。18年にテレビドラマ化された。

 特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」のヒロイン役で注目された松田さんは、実写「賭ケグルイ」にテレビドラマ第1期から出演。演じる皇は、夢子の前に最初に立ちはだかる生徒会役員として登場するも、ギャンブルであえなく敗退し、生徒会を追放されてしまう。しかし、再び生徒会へ舞い戻るため、夢子の仲間になることをたくらみ……という、転んでもただは起きない野心家キャラとして描かれ、松田さんの再現度の高さとともに好評を博してきた。

 最終話では、そんな皇が“人生そのもの”を賭け、夢子と手を組み豆生田に立ち向かう。原作マンガでも描かれた衝撃シーンも用意されているといい、松田さんの迫真の演技が見られそうだ。

 さらに5月3日公開の劇場版「映画 賭ケグルイ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)にも松田さんは皇役として出演。映画は、生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみ・きらり、池田エライザさん)と二年華組・蛇喰夢子との勝負に期待が高まる中、学園内では「非ギャンブル、生徒会への不服従」を掲げる白装束集団「ヴィレッジ」が台頭し、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子つぶしをたくらむ生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させる「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する……というオリジナルストーリーが展開する。

 「生徒会を追放されたにもかかわらず、また夢子たちにちょっかいを出しにいくという立ち位置をいただけたので、たくさん映画にも出ております」とアピールする松田さんの劇中での活躍に注目したい。

 「賭ケグルイ season2」最終話はMBSで28日深夜2時5分、TBSで30日深夜1時28分に放送される。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る