集団左遷!!:第5話ゲストに宮川一朗太&浅香航大 三遊亭小遊三も再登場

テレビ
連続ドラマ「集団左遷!!」第5話の場面写真 =TBS提供

 歌手で俳優の福山雅治さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で主演を務める連続ドラマ「集団左遷!!」の第5話(19日放送)に、俳優の宮川一朗太さんと浅香航大さんがゲスト出演することが17日、明らかになった。浅香さんは「日曜劇場」初出演。また、第2話に出演した落語家の三遊亭小遊三さんが、同話に再登場することも発表された。

 宮川さんは貸しビル業を営む太田ビルディング副社長・太田幸司を演じる。太田と出会ったことで三嶋(赤井英和さん)は、自社ビルを持つという夢に大きく前進。太田の決断が、ノルマ達成まで2カ月までとなった蒲田支店の命運を大きく左右する。また浅香さんは蒲田支店のある行員と接点を持ち、それがきっかけである事件に発展する謎の人物・マコト役を担当する。

 第5話は、「集団左遷」「廃店候補」と書かれた週刊誌の記事が逆に追い風となり、蒲田支店はにぎわっていた。三嶋から打診されていた20億円の融資が成立すれば、ノルマの残りはわずかに。しかし、融資が決まりそうな顧客たちが相次いで羽田支店に乗り換えるという事態が発生。片岡(福山さん)が三嶋の元を訪ねると、そこには支店統括部部長の宿利(酒向芳さん)と羽田支店の鷹谷支店長(桜井聖さん)がいた……という展開。

 ドラマは、江波戸哲夫さんの小説「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(共に講談社文庫)が原作。廃店が決定している三友銀行蒲田支店の支店長に就任した片岡ら支店のメンバーが“大逆転”に挑む……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る