MANTANWEB(まんたんウェブ)

薬師丸ひろ子:「いだてん」で実は大河初出演 「あまちゃん」共演の塩見三省も

テレビ
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演が決まった薬師丸ひろ子さん

 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で、阿部サダヲさん演じる、第2部の主人公・田畑政治(たばた・まさじ)らが通うバー「ローズ」のママで占いをたしなむマリーを大河初出演の薬師丸ひろ子さん、第29代内閣総理大臣の犬養毅を塩見三省さんが演じることが17日、分かった。2人は、宮藤さんが脚本を手がけた2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」にも出演している。

 同日、東京・渋谷のNHKで開催された、新キャスト発表会見に出席した薬師丸さんは、「すてきなバーのママ役をいただいたわけもなく、『ばばあ』と散々な言われ方をするんですけど、阿部さんの田畑が反感を買わないよう、どう演じるかと余計なことを悩みました」と笑顔で明かし、「田畑が占いによって、自分の人生を考え直すきっかけになると聞いている」と語ってた。

 また、「あまちゃん」でも制作統括を務めた訓覇圭チーフ・プロデューサーは、薬師丸さんをキャスティングした理由について「僕も宮藤さんもよく知っている人。あまり当たらない占いをするので、外れて可愛い人がいいなと思いました」と明かし、塩見さんについては「ご活躍されていたので、どこかでご一緒したいと思っていました。犬養さんは最後『人と話せばわかり合える』という生き方をしていた人なので、塩見さんの何かが移ればと思いました」と語っていた。

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は全47回。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る