福山雅治:「集団左遷!!」で大路恵美と21年ぶり共演 チイ兄ちゃん&小梅が“再会”「相変わらず守ってあげたくなる存在で…」

テレビ
連続ドラマ「集団左遷!!」の第8話に出演する福山雅治さん(左)と大路恵美さん(C)TBS

 歌手で俳優の福山雅治さん主演の連続ドラマ「集団左遷!!」(TBS系、日曜午後9時)の第8話(6月9日放送)に、女優の大路恵美さんがサプライズゲストとして出演することが4日、分かった。2人の共演は1998年の「めぐり逢い」(同局系)以来、約21年ぶり。福山さんと大路さんといえば、90年代の大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」シリーズ(フジテレビ系)で演じた兄妹役が印象深いが、今回“チイ兄ちゃん”と“小梅”の時を越えた夢の顔合わせが実現する。

 今作で大路さんは、横山輝生常務(三上博史さん)と深い関わりを持ち、彼のもう一つの顔を知る三友銀行日本橋支店支店長・金村勇二(川原和久さん)の妻を演じる。不正融資疑惑を調査中の片岡(福山さん)は金村の家を訪ね、玄関先で応対した彼女と言葉を交わす。

 原作は、江波戸哲夫さんの小説「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(共に講談社文庫)。前週から「本部編」がスタート。蒲田支店の支店長から本部の融資部部付部長に就任した片岡洋の奮闘を描いている。TBS系のドラマ枠「日曜劇場」で放送。

 ◇大路恵美さんのコメント

 今までサプライズ出演という機会がなかったので、短いシーンでしたが、とても楽しめました。福山さんと共演するのは、「めぐり逢い」以来21年ぶりですが、私にとっては今も変わらず、チイ兄ちゃんです。撮影中も「チイ兄ちゃん!」とずっと呼んでいました。撮影現場では、話しても話しても会話が尽きず、今でも兄と妹のままでした。福山さんは人間力がさらに増していてすてきでした。15歳の時、初めて連ドラに出演することになり上京したのですが、(そのドラマで共演した)香川照之さんとお会いするのは、その時以来30年ぶりで。「元気だったか?」「どうしてる?」など気にかけていただき、この日は2人の兄に再会できた感じで、本当にうれしかったです。

 福山さんが演じる片岡さんは、誠実さや熱血さ、そして福山さんがお持ちのピュア感も出ていてすてきです。再会したうれしい気持ちも込めて演じましたので、楽しんでいただければと思います。

 ◇福山雅治さんのコメント

 僕にとっても大路恵美さんは変わらず“小梅”です。久しぶりにお会いしましたが、撮影現場では、懐かしいいろいろな話をすることができてうれしかったです。相変わらず守ってあげたくなる存在で、「小梅は変わらないな」と思いました。20数年たった今でも、あの時流れていた時間は、僕にとってとても大切なものだと感じました。大路さんとの共演シーンをはじめ、本部へと舞台を移した第2章「集団左遷!!」、ぜひお楽しみください。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る