MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「泣くな赤鬼」主演の堤真一自身が涙した感動作 柳楽優弥、川栄李奈らも出演

ブック 映画
映画「泣くな赤鬼」のメインビジュアル (C)2019「泣くな赤鬼」製作委員会

 俳優の堤真一さん主演の映画「泣くな赤鬼」(兼重淳監督)が、6月14日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開される。堤さん演じる野球部の監督が、余命宣告されたかつての教え子と再会したことで、自身の間違いに気付き、教え子のために行動を起こす姿を描く。完成披露試写会で堤さんが「自分の出ている映画で泣いたのは初めて」と語っていた。見ているこちらも涙は免れない。でも、確実に心に温もりを残してくれる。

 甲子園行きを目標に野球に情熱を注ぎ、部員からは日に焼けた赤い顔と熱血指導で「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業高校野球部監督、小渕隆(堤さん)。夢に破れ、10年の歳月が流れた今、野球への情熱をすっかり失っていた。

 そんな中、診察を受けた病院で、元教え子のゴルゴこと斎藤智之(柳楽優弥さん)と再会する。ゴルゴは、野球の素質を持ちながらも挫折し、高校を中退していた。後日、小渕はゴルゴの妻(川栄李奈さん)から、ゴルゴが末期がんで余命半年であると知らされる……。

 原作は、重松清さんの短編集「せんせい。」(新潮文庫)の一編。ほかに竜星涼さん、キムラ緑子さん、麻生祐未さんらが出演している。

 小渕が過去を振り返りながら、徐々に衰弱していくゴルゴと向き合う形で映画は進む。はた目には、情熱的で練習熱心な先生と映っていたかつての小渕。しかし果たして、生徒の発するSOSをきちんと受け止められていたか。甲子園行きは自分の夢でしかなかったのではないか……小渕を批判する理由はいくらでも思い浮かぶが、熱中すればするほど、他のことに目が行かなくなるのは誰にでも起こりうる。我が身に置き換え、気付かされることは多い。小渕が過去を悔み、今度こそはとゴルゴに向き合い、彼の願いをかなえようとする姿に目頭が熱くなった。

 大人になってからのゴルゴを演じる柳楽さんの、つらさや後悔、無念が伝わる演技に何度も目を見張った。川栄さんも、夫を愛し、支え、ふとした瞬間、弱さを見せるけなげな妻を好演。

 他にもゴルゴの母役のキムラさん、小渕の妻を演じる麻生さん、そして、熱血漢であるがゆえに大切なことをいつしか見失ってしまっていた小渕を演じた堤さん。出演者が粒ぞろいで、作品の感動を一層強くしている。(りんたいこ/フリーライター)

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る