MANTANWEB(まんたんウェブ)

サザンオールスターズ:55万人動員の40周年ツアー最終日 「勝手にシンドバット」から最新曲まで全36曲披露「また帰ってまいります!」

芸能
40周年ツアー最終公演を東京ドームで開催したサザンオールスターズ (撮影:西槇太一)

 人気バンド「サザンオールスターズ(サザン)」が6月16日、東京ドーム(東京都文京区)で全国ツアー「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019 『“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!?ふざけるな!!』」の最終公演を開催した。デビュー曲「勝手にシンドバット」から最新曲まで全36曲を3時間半にわたり披露。サザンの40年間を網羅したセットリストで、メモリアルイヤーのツアーを華々しく締めくくった。

 昨年6月25日にデビュー40周年を迎え、8月にはプレミアムアルバム「海のOh,Yeah!!」をリリース、さらに昨年大みそかには「第69回NHK紅白歌合戦」に35年ぶりにNHKホールから出場するなど、精力的に活動してきたサザン。

 ライブは、2014年のシングル「東京VICTORY」や1979年のシングル「思い過ごしも恋のうち」など新旧の楽曲を織り交ぜていた。序盤の「壮年JUMP」では「今日は千秋楽~みんなの笑顔に逢いたくて、東京ドームへ帰って来た」「お陰様で40周年」と替え歌にして集まった5万人に呼びかけ、中盤には、ツアーとともに出来上がっていった新曲「愛はスローにちょっとずつ(仮)」を演奏し、観客を魅了した。さらに「シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA」「マンピーのG★SPOT」などのアッパーチューンが続き、会場は興奮のるつぼと化した。

 アンコールの「勝手にシンドバッド」では、リオのカーニバル風衣装や法被をまとったダンサーたち、また東京ドームを本拠地とするプロ野球・巨人のマスコット、ジャビットなども登場し、ステージはお祭り騒ぎに。場内のボルテージは最高潮に達し、ボーカルの桑田佳祐さんは「このステージで皆さんとこんなに盛り上がれるのは、還暦を過ぎたメンバー一同、大変幸せでございます! 本当にありがとう!」と感謝の気持ちを語った。ラストナンバー「旅姿四十周年」は、「東京ドームで、また会おうね、みんな元気で」という歌詞を乗せて演奏。桑田さんは「サザンオールスターズ、また帰ってまいります! 41年目もよろしくお願いします!」と今後の活動への意欲を見せていた。

 サザン初の全国6大ドームを含む今回のツアーは、3月30、31日の宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城県利府町)から始まり、6月15、16日の東京ドームまで、全11カ所22公演で55万人の動員を記録。なお東京ドーム公演の模様は、8月にWOWOWで放送されることが決定した。(水白京/フリーライター)

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る