福山雅治:「集団左遷!!」撮了「大切な作品に」 神木隆之介、中村アンら蒲田支店メンバーも駆けつけ

テレビ
連続ドラマ「集団左遷!!」のクランクアップを迎えた福山雅治さん

 歌手で俳優の福山雅治さんが6月19日、主演ドラマ「集団左遷!!」(TBS系、日曜午後9時放送)のクランクアップを迎えた。最後の撮影が終わると福山さんの元に、三友銀行蒲田支店のメンバーだった滝川晃司役の神木隆之介さん、木田美恵子役の中村アンさんらがサプライズで駆けつけた。監督から大きな花束を贈られた福山さんは、共演者、スタッフの前で「みんなで作った片岡洋、『集団左遷!!』。大切な作品になりました」と感慨深げな表情であいさつをした。

 福山さんは、4カ月にわたって演じた片岡について「最初に台本をいただいたときに、“頑張る”しか言っていない男。さて、この頑張ることしかできない男をどう表現すればいいのか悩みました。しかし、(自分の人生を振り返ってみて)頑張らなかったということがなかった。それを自分との共通点として頑張りました」と語った。

 続けて、「片岡の“頑張る”を表現するには、それはやはり本気でやるしかない。本気で走って、本気で怒って、本気で泣いて。蒲田支店のメンバーを大切に思って。そういう意識を一つ一つ積み重ねて表現しようと思いました。自分にとってはチャレンジな役でしたし、難しい役でした」と振り返った。

 さらに「終わってみて、何よりもスタッフの本気と頑張りが支えてくれたんだと実感しています。日焼けをしているスタッフ、汗だくで現場を走り回っているスタッフ、雨に打たれて準備してくれたスタッフ。みんなの本気が片岡の“頑張る”を支えてくれていたんだと思います。ありがとうございました!」と充実した表情を見せていた。

 クランクアップは、東京都内のビルの屋上を使ったロケ。福山さん扮(ふん)する片岡と梅原尊(尾美としのりさん)が会話をするシーンで、尾美さんもクランクアップした。撮影現場には、神木さん、中村さんのほか、平正樹役の井之脇海さん、三宅庄司役の増田修一朗さん、宮田学役の谷口翔太さん、藤枝薫役の橋本真実さんも駆けつけた。福山さんは、蒲田支店メンバーのサプライズ訪問に「本当にびっくりしました(笑い)。彼らも本気で笑って、泣いてくれた。伝わってきていました」と感謝を伝えていた。

 ドラマは、江波戸哲夫さんの小説「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(共に講談社文庫)が原作。第7話から「本部編」がスタート。福山さん演じる、蒲田支店長から本部の融資部部付部長に就任した片岡洋(福山さん)の奮闘を描いている。最終話は23日午後9時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る