石原さとみ:ドラマ現場に炊飯器持ち込み 共演者に手作りおにぎり振る舞う

テレビ
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の制作発表記者会見に登場した石原さとみさん

 女優の石原さとみさんが7月1日、横浜市で開催された、9日スタートの主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の制作発表記者会見に、福士蒼汰さんらと共に出席。演者の意外な一面について聞かれた福士さんから「現場のみなさんにおにぎりを配っていますね。現場で炊いて、握ったものを配ってくださって」と明かされ、照れ笑いしていた。

 石原さんは、おにぎりについて「段田(安則)さんと健康話で、『楽屋に炊飯器を持ち込んで玄米を炊いているんです』って話になって。そうしたら、隣の楽屋で……」と言うと、勝村政信さんが「段田さんの楽屋が隣で、会話が全部筒抜けなんです。話し終えたら、隣の楽屋に来ると思っていたら、そのまま自分の楽屋に消えて。その話を全員にしたら、いやいやおにぎりを配ってくださって」と、冗談交じりに明かしていた。勝村さんの“暴露”に、石原さんは「ついに三合炊きになりました」と明かしていた。

 また志尊淳さんが、石原さんについて「現場では最近、大阪のおばちゃんと呼ばれています」と明かすと、勝村さんから「見ての通りだと思います。若いのに、気を配ってくれて。本人は突っ込みだと思っているみたいですけど、ど天然で、“あめちゃん”を配ってくれたり」と語っていた。会見には段田さん、岸部一徳さんも出席した。

 原作は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で1999~2003年に連載された佐々木倫子さんのマンガ「Heaven? ご苦楽レストラン」。墓地の中に建つフレンチレストラン「ロワン・ディシー<この世の果て>」を舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原さん)と個性的な従業員らの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”が描かれる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る