芦名星:連ドラ主演作でせりふ量と格闘 「とにかくしゃべる」

連続ドラマ「W県警の悲劇」の制作発表会に登場した芦名星さん
1 / 1
連続ドラマ「W県警の悲劇」の制作発表会に登場した芦名星さん

 女優の芦名星さんが7月9日、東京都内で行われたBSテレ東で27日にスタートする主演連続ドラマ「W県警の悲劇」(土曜午後9時)の制作発表会に出席した。芦名さん演じる主人公の警視・松永菜穂子が毎回強力な警察官と対峙(たいじ)し、八つの事件の真実を暴いていく……というストーリーで、芦名さんは自身の役どころについて「すべての話でとにかくしゃべる」と明かした。

 芦名さんは「『1日で何年分話した?』ってなる」ほど話しているといい、「(共演者の佐藤)仁美さんにおいしいごはん屋さんを聞きたいけど、そういうことはできずに対峙するせりふをストイックにやっている」とコメント。「8人の女性と向き合うテーマがある。菜穂子は相手から引き出したいものがあって、心理戦、戦略を考えて、相手の反応を見て、1人ずつ向き合ってやっていく。同じ役を演じていますが相手によって(演技が)違う」と役作りを語った。

 ドラマは、葉真中顕(はまなか・あき)さんの小説が原作。会見には伊藤かずえさん、戸田菜穂さん、鈴木砂羽さん、佐藤仁美さん、床嶋佳子さん、佐津川愛美さん、谷村美月さん、優希美青さんのほか、原作者の葉真中さん、ドラマ主題歌「鑑(かがみ)」を歌うシンガーソングライターの安藤裕子さんも登壇した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る