MANTANWEB(まんたんウェブ)

唐沢寿明:東北復興イベント開催で浦沢直樹とタッグ ポスターに「20世紀少年」の“20”も

芸能 マンガ
クラシックカーに乗り込む唐沢寿明さん

 俳優の唐沢寿明さんが開催発起人を務め、東日本大震災の東北復興を目的としたチャリティー・クラシックカーラリー「『GO!GO!ラリー in 東北』~ Classic car meeting 2019 ~」が10月5、6日に、宮城県で開催されることが7月10日、分かった。イベントポスターは、チャリティーに賛同したマンガ家の浦沢直樹さんによる特別描き下ろしで、唐沢さんと映画「20世紀少年」以来の再タッグを果たした。

 イベントでは、唐沢さん自身も所有するクラシックカーで参加し、震災被害の場所を訪れ復興を一緒に盛り上げる。ルートは5日にせんだい青葉山交流広場から始まり、松島、石巻、牡鹿半島、女川、秋保温泉などを走行。6日は秋保温泉から始まり、蔵王御釜、ヤマハスポーツランド菅生、せんだい青葉山交流広場を走る予定。

 ラリーに十数年前から参加している唐沢さんは、クラシックカーイベント開催を3年ほど前から考え始めたといい、「(石巻の友人から)3.11後の当時は、たくさんの人が来てくれたけど、しばらくすると来てくれる人が少なくなってしまって、寂しいって聞きました。とにかく人に来てもらいたいって。それだったら、こういったラリーを開催したら人が行ける環境を作ることができるんじゃないかなって思ったんです」とコメント。

 浦沢さんとのコラボについては、「まさか本当に描いてもらえるとは思ってなかったんです。本当にお忙しい方なので。ダメ元で連絡をしたら、二つ返事で『いいよ!』って言っていただきました」と明かし、「ポスターに書かれている車のナンバーは『20』。それは浦沢さんと出会った作品『20世紀少年』の『20』なんです。この題字も浦沢さんが描いてくれたのですが、こういう世界観を描くのが本当にうまいなって思います」と感激している。

 また、ラリーの参加について、「開催地域近郊の方々も、普段はクラシックカーだと街中では派手だから乗りづらいなって思っている人がいるかもしれない。そういった方々もこの機会にどんどん参加してほしいなと思います。東京からみんなで行くとか、ラリーに慣れている人達だけではなくて、本当に初めて出ますという人でも全然構わない。あまり格式ばった感じにはしたくないので、ファミリーみたいな感じになるといいなと思っています」と呼びかけている。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る