MANTANWEB(まんたんウェブ)

ルパンの娘:第2話 深田恭子“華”が瀬戸康史“和馬”と破局? 泥棒一家と警察一家が対面…

テレビ
連続ドラマ「ルパンの娘」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第2話が7月18日、放送される。同話の予告映像では、泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)が警察一家の長男で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史さん)に「さようなら」と告げるシーンなどが収められている。

 泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)は、警察一家の長男で刑事の桜庭和馬(瀬戸康史さん)との交際に悩んでいた。そんな中、和馬が父・典和(信太昌之さん)と母の美佐子(マルシアさん)と共に、三雲家のダミーの家を訪ねてくる。玄関に入った典和らは、警察官の嗅覚でいろいろと探り始め、華は気が気でない。そこへ、華の父・尊(渡部篤郎さん)と母の悦子(小沢真珠さん)が現れ、両家が対面してしまう。

 華は、桜庭家が警察一家だということが尊らにバレないようにしようと必死。さらに、尊たちは泥棒とは言わないものの、職業を偽っているため、ハラハラしてしまう。華の祖母・マツ(どんぐりさん)が尊と一緒に公務員を批判する言動をし、両家はにらみ合いとなる。そんな折、尊と典和が高校時代に野球部で試合をしたことが分かり、意気投合する。しかし、美佐子は違っていた。

 数日後、華は美佐子から「和馬とは別れてほしい」と言われる。同じ頃、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社の社長が所有する“秀吉の茶釜”を盗む計画を立てていた……というストーリー。

 ドラマは、横関大さんの同名小説(講談社)が原作。代々、泥棒を家業としている「Lの一族」(Lは大泥棒ルパンの頭文字)の娘・華と、代々警察一家の息子・和馬との許されない恋愛を描くラブコメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る