MANTANWEB(まんたんウェブ)

星野源:「まんじゅうって痛い…」 高畑充希にまんじゅう投げつけられ顔にヒット

映画
映画「引っ越し大名!」の完成披露試写会に登場した高畑充希さん(左)と星野源さん

 歌手で俳優の星野源さんが7月23日、東京都内で行われた主演映画「引っ越し大名!」(犬童一心監督、8月30日公開)の完成披露試写会に、共演の高畑充希さんらと登場。高畑さんが「源さんにおまんじゅうを投げるシーンがあって、1回目投げたら右目にヒットして、(次は)絶対顔に当てないようにしなきゃと思ったら2回目は左目に当てて……」と明かすと、星野さんは「まんじゅうって痛いんですね」とちゃめっ気たっぷりに話し、周囲を笑わせていた。

 高畑さんは、まんじゅうを2度も当ててしまい「『ああ、もう終わった』と思いました」と心境を打ち明けると、星野さんは「こういうときは気を使われるより、ちゃんと当ててほしい。バチンと当たってほしいから、どんどんやってって言ったんだけど、まさか両目に来るとは思わなかった。すごい痛くて面白かったです」とフォローしていた。

 また星野さんは今作について「脚本をいただいてそれが面白くてしょうがなくて、すぐ出たいですと。(自身が演じた)春之介が引きこもり侍という設定が面白い。時代劇では見たことがないようなストーリーで、すごく面白くて笑っちゃうし、しかも最後にすごく感動する」と魅力を語り、「こんな時代劇はなかなかない」と自信をのぞかせていた。

 この日のイベントには、高橋一生さん、及川光博さん、小澤征悦さん、正名僕蔵さん、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹さん、犬童監督も出席した。

 「引っ越し大名」は、映画化もされた「超高速!参勤交代」シリーズで知られる土橋章宏さんの小説「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫)が原作。生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩をモデルに、巨額の費用がかかる引っ越しを乗り切ろうと奮闘する姫路藩の藩士たちの姿を描く。星野さんは、周囲から「かたつむり」と呼ばれている姫路藩書庫番の片桐春之介を演じた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る