MANTANWEB(まんたんウェブ)

賀来賢人:「ライオン・キング」名曲を生歌唱 「今だからこそ見てほしい」

映画
映画「ライオン・キング」のプレミアム吹き替え版スペシャル上映会に登場した賀来賢人さん(左)と門山葉子さん

 ディズニーの人気アニメを実写化した映画「ライオン・キング」(ジョン・ファブロー監督、8月9日公開)のプレミアム吹き替え版スペシャル上映会が8月8日、東京都内で行われ、主人公シンバの声を担当する俳優の賀来賢人さんが登場した。賀来さんは、シンバの幼なじみのナラの声を担当する門山葉子さんとともに同作の名曲「愛を感じて」をストリングスとシンセサイザーの演奏のもと生歌唱し、観客を沸かせた。

 イベントには、王位を狙うシンバの叔父のスカーの声を担当する江口洋介さん、心優しいイボイノシシのプンバァの声を担当する佐藤二朗さん、お調子者のミーアキャットのティモンの声を担当するお笑いコンビ「ミキ」の亜生(あせい)さん、シンバを後継者として導く偉大な王の父・ムファサの声を担当する大和田伸也さん、日本版オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を歌うRIRIさんも出席した。

 賀来さんと門山さんの歌声を聞いた大和田さんは、「最高ですよ。ラブソングとして最高」と感心すると、賀来さんは「ありがとうございます」と照れ笑いで感謝。亜生さんは、賀来さんと門山さんが同曲をデュエットした音楽番組「ミュージックステーション」を挙げ、「ミュージックステーション見ました! 緊張していたけどうまかった!」とたたえ、佐藤さんも「ハモれるのがすごい。俺つられちゃうから」と絶賛していた。

 賀来さんは、公開を明日に控えた心境を聞かれ、「作品のテーマであるサークル オブ ライフを感じ取ってほしいし、すばらしい楽曲の数々や、映像もスケールも迫力も見たことがないエンターテインメントになっていると思います」と話し、「25年前にアニメーションが公開され、その時に感じられたものと、25年たって時代が変わり、なかなかピュアに気持ちを伝えることができない中で、この作品は友情だったり葛藤だったり悩みだったり愛だったり親子だったり、人間の普遍的なテーマでもあるメッセージを感じ取れる。今だからこそ、今生きている人たちに見てほしい作品」と力強く呼びかけた。

 「ライオン・キング」は、王子として生まれたライオン、シンバの成長を描く物語で、劇場版アニメが1994年に公開された。自分も父ムファサのような“王”になる日を夢見るものの、好奇心旺盛でまだ未熟なシンバに突如、悲劇が降りかかる。王位を狙うスカーのたくらみにより王国を追放されてしまい、一人飛び出したシンバは、まだ見ぬ世界での新たな出会いや冒険を通じ、王としての使命は何なのかを学んでいく……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る