MANTANWEB(まんたんウェブ)

ノーサイド・ゲーム:第6話 大泉洋に本社復帰のチャンス? 「さらば、アストロズ」

テレビ
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第6話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第6話「さらば、アストロズ」が8月18日放送される。予告映像では「敗北から新たな挑戦へ」「本社復帰のチャンス!?」というテロップと共に、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)・君嶋隼人(大泉さん)が「GMとしての最後の仕事だ」とつぶやく姿などが収められている。

 「アストロズ」は「サイクロンズ」に敗れたものの「プラチナリーグ」2位の好成績でシーズンを終えた。選手たちが喜ぶ中、優勝という目標を達成できなかった上に収支をほぼ改善できなかった君嶋は渋い顔だ。数日後、君嶋は、来年度予算を承認してもらうため役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮をもくろむ滝川桂一郎常務(上川隆也さん)に全否定される。島本博社長(西郷輝彦さん)の取りなしで辛くも予算は承認されたが、「アストロズ」の環境は厳しいままだった。

 脇坂賢治(石川禅さん)に呼び出された君嶋は、経営戦略室に戻ってくるよう誘われる。脇坂は、増大していく同期の滝川常務の勢いをそぐために、君嶋を手元に置いておこうと考えていた。GMとして自信を喪失している君嶋は、この誘いに揺れる。GMとしてできることをやろうと決める君嶋は、ラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支が改善しないため、昨年同様にGM会議で改革案を提案する……。

 原作は、「半沢直樹シリーズ」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のGMを兼務することになった君嶋が、自身とチームの再起に挑む姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る