MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「引っ越し大名!」星野源主演 高橋一生、高畑充希と国替えプロジェクトで藩のピンチを救えるか?

映画
映画「引っ越し大名!」の一場面 (C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

 星野源さん主演の時代劇映画「引っ越し大名!」(犬童一心監督)が、8月30日から丸の内ピカデリー(東京都中央区)ほかで公開される。原作は、「超高速!参勤交代」シリーズを手掛けた土橋章宏さんの小説。人が苦手な書庫番の侍が引っ越し奉行に大抜てきされ、国替えに挑む。重要プロジェクトを任された現代会社員の苦労を想起させるユニークな時代劇だ。

 片桐春之介(星野さん)は姫路藩書庫番。本は好きだが、人は苦手。書庫に引きこもり、「かたつむり」とあだ名を付けられていた。

 藩主の松平直矩(及川光博さん)は、幕府から豊後(大分)へ国替えする命を言い渡される。国替えによる借金や減俸などのピンチを抱えていた姫路藩。全藩士とその家族全員で引っ越して城を明け渡すという、お金も労力もかかる総責任者に、博識を買われた春之介が大抜てきされ……。

 主人公の幼なじみで武芸の達人、鷹村源右衛門役に高橋一生さん、引っ越し奉行の前任者の娘役に高畑充希さん。主要キャストの3人が協力して引っ越しプロジェクトに挑む。お殿様に扮(ふん)した及川さんがハマリ役だ。ほかに小澤征悦さん、濱田岳さん、岡山天音さん、西村まさ彦さん、松重豊さん、富田靖子さん、向井理さんら豪華で個性的な面々が出演。ナレーションを落語家の立川志らくさんが担当している。

 人とのコミュニケーションが苦手で、本に囲まれていれば幸せだった春之介。責任ある役職に就いてジタバタするところから始まり、仲間の力を借りて成長していくさまが描かれる。これがまるで、プロジェクトを進める会社員のように身近な話。前任者は亡くなり、マニュアルも無く、一から掘り起こさなければならない上、藩の侍をリストラしなくてはならない場面も出てくる。どうやってピンチを切り抜けるのか。

 後半には、大がかりな殺陣のシーンもあり、高橋さん演じる鷹村の見せ場となっている。コミカルな部分とカッコいい殺陣姿の落差が楽しい。藩の結束やリストラされる侍たちの物語も見どころだ。

 原作者の土橋さんが脚本も手がけ、劇中出てくる「引っ越し唄」の歌詞も書き下ろした。歌の場面は狂言師の野村萬斎さんの振り付けで、楽しいシーンになっている。主題歌はバンド「ユニコーン」の「でんでん」が採用されている。(キョーコ/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る