MANTANWEB(まんたんウェブ)

注目映画紹介:「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」レオとブラピの初共演作はタランティーノの映画愛に満ちている

映画
映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の一場面

 米俳優レオナルド・ディカプリオさんとブラッド・ピットさんが初共演した映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(クエンティン・タランティーノ監督)が、8月30日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほか全国で公開される。タランティーノ監督が脚本執筆に5年の歳月をかけたという今作。1969年に起きた「シャロン・テート事件」をモチーフに、ハリウッド黄金時代の光と闇を描いた意欲作だ。

 1969年のハリウッドが舞台。テレビ俳優のリック・ダルトン(ディカプリオさん)は、人気に陰りが見え始めたことに焦っていた。そんなリックを、彼の付き人兼スタントマンのクリフ・ブース(ピットさん)は広い心で支えていた。そんな中、リックの家の隣にロマン・ポランスキー監督(ラファル・ザビエルチャさん)と女優シャロン・テート(マーゴット・ロビーさん)夫妻が引っ越してくる。そして、問題の1969年8月9日を迎えることになる……というストーリー。

 ディカプリオさんとピットさんという映画ファン垂涎の顔合わせ。しかも、かたや落ち目のスター、かたやその付き人でスタントマンで親友という、当代きっての二大スターらしくない役柄なのが心憎い。

 1960年代のハリウッドってこんな感じだったのか、あの俳優にこんな一面があったのかなど、好奇心を刺激される趣向が随所に凝らされている。もっとも、出てくる俳優の描き方には否定的な声もあるようだが、ともかく、実在の人物を登場させつつ、虚実ないまぜに進行する今作は、悲劇のシャロン・テート事件を扱いながら、1960年代のハリウッドへの郷愁と憧憬、そして、映画愛に満ちた内容になっている。

 終盤には、タランティーノ監督らしさ全開のシーンが待ち受けている。その光景には映画を見る誰もが、やっぱりタランティーノ監督はこうでなくちゃと溜飲(りゅういん)を下げることだろう。なお、シャロン・テート事件について、概ねでいいので知っておくと、タランティーノ監督の映画とハリウッドに対する愛を、より強く意識できるはずだ。(りんたいこ/フリーライター)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る