MANTANWEB(まんたんウェブ)

ノーサイド・ゲーム:“君嶋”大泉洋&“浜畑”廣瀬俊朗の「出会えて良かった」に視聴者「胸熱く」

テレビ
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」で主演を務めている大泉洋さん

 俳優の大泉洋さんが主演を務めた連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の最終回となる第10話が9月15日に20分拡大版で放送された。最終回では、ラグビーチーム「アストロズ」と「サイクロンズ」との優勝をかけた大一番が展開。その中でアストロズのゼネラルマネジャー(GM)の君嶋隼人(大泉さん)とエースの浜畑譲(廣瀬俊朗さん)の絆が描かれるシーンが登場すると、SNSでは「胸が熱くなった!」「カッコよすぎる!」「ノーサイド・ゲームに出会えてよかった!」といった感動の声が多く上がり、盛り上がりを見せた。

 同話では、試合前のミーティングで、君嶋がアストロズに「出会えて良かった」と、GMに就任してからの思いや選手たちへの感謝を語った。ハーフタイムでは、膝をけがし、後半から出場することになった浜畑が、君嶋に「出会えて良かったです」と頭を下げながら感謝を伝えた。視聴者からは「ドラマ序盤で君嶋に反発していた浜畑が……」「すごい信頼関係」「涙腺崩壊」といった声が上がった。

 ドラマは、人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、低迷中のラグビーチームアストロズのGMを兼務することになった君嶋が、自身とチームの再起に臨む姿を描いた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る