MANTANWEB(まんたんウェブ)

松坂桃李:事務所との“戦い”休み勝ち取り笑顔 松岡茉優からエール「ブラジルでもアフリカでも…」

映画
映画「蜜蜂と遠雷」の完成披露イベントに登場した松坂桃李さん(左)と松岡茉優さん

 俳優の松坂桃李さんが9月16日、東京都内で行われた映画「蜜蜂と遠雷」(石川慶監督、10月4日公開)の完成披露イベントに、松岡茉優さんらと登場した。今作にちなみ、“今、戦っていること”を聞かれた松坂さんは「事務所と戦い終わりました」と話し、それを聞いた松岡さんが「大丈夫ですか!?」と心配する中、松坂さんは「アウトプットの連続の10年で、なかなか一息つく間がなかった。事務所に『インプットの時間がほしい』と話をした結果、ようやくお許しが出た」と説明。松岡さんから「おめでとうございます! アフリカでもブラジルでも行ってらっしゃい」と提案された松坂さんは、「行ってこようかな」とうれしそうに答えていた。

 同じ質問に松岡さんは、今作のために期間限定で開設したインスタグラムについて、「現在フォローしてくださっている7万人の方々、本当にありがとうございます」と感謝しつつ、「周りを見渡してみてください。私一応、若手女優群雄割拠時代のいい世代なんです。ちょっと足りないかな、フォロワー数が……」と回答。「2桁(万フォロワー)はいきたい!」と松岡さんは呼びかけるも、松坂さんが休暇を勝ち取った話題を聞き、「私のフォロワー数の話ぶっ飛んだ」と残念がっていた。

 今作では主要キャストがピアノ演奏を披露するシーンがあり、松坂さんがピアノ練習を振り返り、「触ったこともほぼなかったのでなかなかのハードルでした。最初のレッスンでの先生の一言目が『松坂さん、ドはどこですか』で、ここかなって言ったら『それはファですね』って、そんなところから始まりました」と苦笑い。

 そんな松坂さんの練習している姿を目撃した松岡さんは「失礼いたしますね。(手の動きが)バンビみたいだった。立ち上がる子鹿みたいな感じだった(笑い)」と明かすと、「いやもう本当にね。これはダメ……」と松坂さんは照れ笑い。「そこから優しくて柔らかな演奏に……バンビはなんだったんでしょう。俳優ってすごいなと思った」と松岡さんがたたえると、松坂さんは「どこいっちゃったんでしょうね。だましだましやってます」と話し、観客を笑わせていた。舞台あいさつには、森崎ウィンさん、鈴鹿央士さん、石川監督も出席した。

 映画は、2017年に「直木賞」「本屋大賞」の史上初のダブル受賞を果たしたした恩田陸(おんだ・りく)さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。物語は国際ピアノコンクールを舞台に、国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、ピアニストになることから長らく逃げてきた元天才少女の栄伝亜夜(松岡さん)、社会人となり妻子を持ちながらも夢をあきらめきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした高島明石(松坂さん)、音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎さん)、今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・風間塵(鈴鹿さん)という世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦や運命と成長を描く。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る