いだてん:第38回「長いお別れ」 オリンピック開催か返上か 田畑らの決断は? 

テレビ
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第38回の一場面 (C)NHK

 宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第38回「長いお別れ」が10月6日に放送される(NHK総合、日曜午後8時ほか)。嘉納治五郎(役所広司さん)の死によって求心力を失う組織委員会。日中戦争が長期化する中、1940年の東京オリンピック開催への反発は厳しさを増していく……。

 追い詰められたIOC委員の副島(塚本晋也さん)は招致返上を提案するが、嘉納に夢を託された田畑政治(阿部サダヲさん)は激しく葛藤する。金栗四三(中村勘九郎さん)の弟子、勝(仲野太賀さん)はりく(杉咲花さん)と結婚するが、戦争が二人の将来に立ちはだかる。同じ頃、孝蔵(森山未來)は志ん生を襲名する。
 
 「いだてん」は、日本人五輪初出場の明治末から、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。大河ドラマで近現代史を取り上げるのは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。

 第37回では、嘉納治五郎が、開催が決定した1940年の東京五輪の準備を進めるが、日中戦争が始まった日本ではオリンピック反対論が湧き上がる。エジプトでのIOC総会に参加し、日本開催を危ぶむ声を封じ込める治五郎。そして、帰国の船で乗り合わせた外交官の平沢和重(星野源さん)に自らの夢を語るが……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る