ドラえもん:新OPが「エモすぎる」「斬新」と話題 土曜引っ越しでオシャレに“進化”

アニメ マンガ
テレビアニメ「ドラえもん」のオープニングの一場面 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

 10月5日に、放送枠を土曜夕方に引っ越しした人気アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)。引っ越しに合わせて一新されたオープニング映像が、SNSなどで「斬新」「エモすぎてやばい」「全く新しくて、かっこいい」「オシャレすぎる」などと話題になっている。

 「ドラえもん」は5日の放送から、歌手で俳優の星野源さんが歌うオープニングテーマ「ドラえもん」となり、オープニング映像も一新された。オープニングの映像は、これまでアニメ「モブサイコ100」のオープニングや、「おそ松さん」のPVなどを手がけた「10GAUGE」の依田伸隆さんがディレクターを務めた。

 「モブサイコ100」のオープニングもスタイリッシュな映像が話題になったが、「ドラえもん」の新オープニングもまたオシャレでスタイリッシュに“進化”した。ドラえもんやのび太が影絵で表現されたレトロな雰囲気の映像から始まり、カラフルなドラえもんが画面いっぱいにずらりと並ぶような場面や、夜の街にドラえもんの顔が、月のように浮かぶシーンなどもあり、ラストは「ドラえもん」のキャラクターはもちろん、原作者の藤子・F・不二雄さんの大集合で締めくくられる。

 これまでのオープニングとは一線を画す映像で、SNSでは、「長寿アニメでもこういうのができるのはとてもすごいのではないか」「こうやってどんどん変化しつつも子供たちはずーっとドラえもんを見ていくんだなあとホロリとしてしまった……。F先生すげえよ」「久びさに見たけど、フツーに感動」といった感想も挙がっている。

 「ドラえもん」は、毎週土曜午後5時に放送。10月12日は、「ドラえもんがいっぱい」「アルマジロン」の2本が放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る