関口メンディー:髪形変えて役作り「正解」 一般人と間違われ“顔パス”できず タピオカ好きの一面も

テレビ
連続ドラマ「モトカレマニア」の制作発表会見に出席した関口メンディーさん

 ダンス&ボーカルグループ「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の関口メンディーさんが10月15日、東京都内で行われた連続ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系、木曜午後10時)の制作発表会見に登場。同作で、不動産会社勤務の白井忠文を演じる関口さんは、役作りについて「髪を黒くしました。メンバーからは若返ったっていわれました。先日、ライブで(警備員に)『パスは?』って聞かれ、一般人だと思われた。役作りとして成功した」としたり顔を見せていた。

  会見には、ドラマのダブル主演を務める新木優子さんと高良健吾さん、共演の浜野謙太さん、田中みな実さん、お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこさん、山口紗弥加さんも出席した。

 ドラマのタイトルにちなみ「何マニア」かと聞かれた関口さんは「タピオカマニア」と答え、「マジで好きなんです。店舗に行くのは恥ずかしい。今は届けたりもしてくれる。ミルクティーが一番好きなんですけど、(先日)アレルギー検査をしたら牛乳アレルギーで……」と告白。さらに、自らの髪形について「とにかく好きで、ちょっと(髪形が)タピオカみたいになってる」と表現すると、田中さんが「そう見えてきた!」、新木さんが「上から見たら……」と突っ込みを入れていた。

 ドラマは、マンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリさんの同名マンガが原作。難波ユリカ(新木さん)は就職をきっかけに生まれたすれ違いが原因で、当時、交際していた斉藤真(マコチ、高良さん)と破局。その後、“クズ男”2人と付き合うことになったのが原因で「幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう」と考え、“モトカレ”との幸せな日々を思い出して、妄想の日々を過ごしていると、再就職した不動産会社でマコチと再会し……というラブコメディー。10月17日から毎週木曜午後10時放送。初回は15分拡大版。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る