同期のサクラ:第2話 高畑充希“サクラ”が竜星涼“菊夫”の助けに

テレビ
連続ドラマ「同期のサクラ」第2話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さんが主演する連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第2話が10月16日、放送される。同話では、主人公・サクラ(高畑さん)が、営業部に配属され、心身共に追いつめられた同期の清水菊夫(竜星涼さん)を助けるため、奔走する。

 2010年5月。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内のエレベーターで大声で電話する上司に堂々と注意したりと、そんたくできない性格は相変わらず。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」という夢もブレずに持ち続けていた。

 その日、人事部部長の黒川(椎名桔平さん)が「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、すみれ(相武紗季さん)とサクラに丸投げする。サクラは、黒川に「なぜ、残業してはいけないのか?」という疑問をぶつけると、黒川から「社員の健康と環境を守るため」と言われ、納得。早速、各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をはっきりと言うあまり、トラブルの種になりかねないサクラに挟まれ、ストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに。

 サクラは、調子よく仕事をする都市開発部の木島葵(新田真剣佑さん)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の月村百合(橋本愛さん)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の土井蓮太郎(岡山天音さん)という同期の仲間たちと久々の再会を果たし、それぞれの労働環境を熱心にメモする。営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会。そこに、菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男で、すみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たなかった。

 その夜、桑原から、担当する建設現場の工期を1カ月早めるよう、むちゃぶりをされた菊夫は、高圧的な桑原と、悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。その1週間後、人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題になる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまう……というストーリー。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。“バカ正直”でそんたく知らずの主人公・サクラと同期社員たちの10年間を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る