ポルノグラフィティ:「20年で一番ステキで素晴らしい景色を見せてもらった」 東京ドームで感謝

テレビ
「ポルノグラフィティ」=WOWOW提供

 ロックバンド「ポルノグラフィティ」が、メジャーデビュー20周年を記念して、東京ドーム(東京都文京区)で9月7日、8日に開催した2DAYSライブ「ポルノグラフィティ 20th Anniversary Special LIVE“NIPPONロマンスポルノ'19~神vs神~”」の模様が、WOWOWで10月27日と11月3日に放送される。放送を前にライブリポートと写真が公開された。

 1日目は、華やかなファンファーレとともにボーカルの岡野昭仁さんとギターの新藤晴一さんがメインステージへ登場。1曲目「プッシュプレイ」で開幕すると、岡野さんが「東京ドーム、最高の1日にして帰ろう!」と叫び、「メリッサ」を歌った。2人は、広島県因島出身。「あんたらの心は熱くなってますか? わしらがポルノグラフィティじゃ! わしらは今日一日、心してかかるわ!」とご当地なまりであおり、観客に火をつけた。

 序盤では、デビュー前からの付き合いとなる音楽プロデューサー・本間昭光さんをゲストに迎え、昭仁さんが「ポルノグラフィティをぎゅっと凝縮したようなメドレー」と紹介しスタート。「ミュージック・アワー」「マシンガントーク」などの楽曲を一つにまとめ、ポルノグラフィティのヒット曲「アポロ」を本間さんと共にアレンジして披露した。

 懐かしい映像を挟み、中盤のソロセクションへ。岡野さんは、「n.t.」を、新藤さんは、カントリー調のナンバー「Hey Mama」を披露した。後半戦は、ピンクのスーツに身を包んだホーン隊が登場し、「渦」からスタート。「おなじみのこの曲をFIRE HORNSとともにもっともっとアゲアゲで行くぜ!」と宣言し、「ジレンマ」「愛が呼ぶほうへ」が披露された。

 終盤戦へ突入すると、「手を抜くことなくまだまだ行くよ! ついてこれる?」と挑発。ゆがんだギターとグルーブ感に圧倒される「ラック」、キャッチーで高揚感あふれる「キン
グ&クイーン」……。「Mugen」の後に、「ハネウマライダー」が披露されると、観客が全力でタオルを振り回して応えた。ラストは、50作目となる最新シングル「VS」。金の紙吹雪が舞う中で、1曲目で披露した「プッシュプレイ」のワンフレーズ「あのロッカー まだ闘ってっかな?」と歌い、1日目を締めくくった。

 2日目(9月8日)は、「ポルノグラフィティ」のデビュー記念日。いきなり客席に近いセンターステージに姿を見せ、オーディエンスを喜ばせると、1日目と同じ「プッシュプレイ」で開幕。ライブ終盤に披露した楽曲「Mugen」を演奏し、デビュー記念日に“特別な”「アポロ」を披露した後、1日目に昭仁さんがソロで弾き語った「n.t.」をスケールが大きいバンドサウンドで披露した。

 さらに「Twilight,トワイライト」を披露後は、ソロセクションへ。バイオリニストのNAOTOさんが登場し、昭仁さんと「瞳の奥をのぞかせて」をセッションした後、晴一さんが「ウェンディの薄い文字」をアコースティックとエレクトロの融合したサウンドで表現。次に、ゴージャスなストリングスが参加し、「リンク」「サウダージ」を演奏した。

 終盤戦では、昭仁さんが「2018年に出して、ポルノグラフィティの新機軸になった楽曲」と紹介し、「Zombies are standing out」を披露。ファイアボールが次々と打ち上げられ、会場の熱気は最高潮に達した。さらに「ヒトリノ夜」「瞬く星の下で」を演奏後、ライブの定番人気曲「ハネウマライダー」をストリングスと競演した。

 最後の曲は「VS」。昭仁さんは「駆け出しの、目いっぱい夢を描いていた僕らが想像できんかったところに、今、立っています。20年で、一番ステキで素晴らしい景色を見せてもらいました」と、感謝の気持ちを観客に伝え、幕を閉じた。

 「ポルノグラフィティ 20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ’19~神vs神~”」の「Day.1」は、10月27日午後8時にWOWOWプライムで放送。「Day.2」は、11月3日午後7時半にWOWOWライブで放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る