ディーン・フジオカ:松下奈緒の前でピアニスト役 「プレッシャーの大きさ…」

映画
映画「エンジェルサイン」の完成披露試写会に登場したディーン・フジオカさん(左)と松下奈緒さん

 俳優のディーン・フジオカさんが10月31日、東京都内で行われた映画「エンジェルサイン」(北条司総監督、11月15日公開)の完成披露試写会に、女優の松下奈緒さんと共に登場。チェリストのアイカ(松下さん)と恋人同士のピアニスト・タカヤを演じたディーン・フジオカさんは「ピアニストの前でピアノを弾くプレッシャーの大きさ。なんで松下さんがピアノじゃないのかって何度思ったことか」と振り返った。

 一方、チェロに初挑戦した松下さんも「苦労しかなかった…」と明かし、「私もなんでピアノにしてくれなかったのかって(笑い)。何度も(ディーン・フジオカさんに)代わりましょうよって言っていた」と苦笑いで語っていた。

 映画は、全編を通してせりふを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していく作品で、人気マンガ「シティーハンター」「キャッツ・アイ」などで知られるマンガ家の北条さんが実写映画の総監督に初挑戦。アイカとタカヤは「いつか2人の音楽で、世界中の人々を感動させたい」と夢を追いかけていたが、タカヤは「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、帰らぬ人となってしまい……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る