ディーン・フジオカ:北条司の絵コンテが台本代わり 「売ったら高い値段が…」

映画
映画「エンジェルサイン」に出演するディーン・フジオカさん(左)と松下奈緒さん

 俳優のディーン・フジオカさんが10月31日、東京都内で行われた映画「エンジェルサイン」(北条司総監督、11月15日公開)の完成披露試写会に、女優の松下奈緒さんと共に登場。人気マンガ「シティーハンター」「キャッツ・アイ」などで知られるマンガ家の北条さんが実写映画の総監督に初挑戦した今作では、脚本の代わりに北条さんが描いた絵コンテが撮影で使われたといい、ディーン・フジオカさんは「あの絵コンテ、完成度高すぎて売ったらすごい高い値段つきそうな……」と不敵な笑みを浮かべていた。

 全編を通してせりふを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していく今作。ディーン・フジオカさんは「皆さん北条先生の作品を見たことがあると思いますが、あの絵の世界が台本の代わりに絵コンテとしてあるから、どんどん読めちゃう。せりふがついていないのに、登場人物たちが何を求めて、どういう気持ちでそこにいるかのかが、すごく伝わってくるような“脚本”で新鮮だった」と振り返っていた。

 映画は、恋人同士のチェリストのアイカ(松下さん)とピアニストのタカヤ(ディーン・フジオカさん)は「いつか2人の音楽で、世界中の人々を感動させたい」と夢を追いかけていたが、「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、タカヤが帰らぬ人となってしまい……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る