4分間のマリーゴールド:“料理男子”横浜流星の「藍ごはん」が人気 第5話はハンバーグ

テレビ
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第5話の場面写真=TBS提供

 TBS系で放送中の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜午後10時)。主人公・みこと(福士蒼汰さん)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒さん)の禁断の恋を描く切ない物語の中で、みことの義弟で“料理男子”の藍(横浜流星さん)の存在と、藍が作る料理が「癒やし」「私も作ってほしい」「藍ごはんが食べたい」と話題だ。11月8日放送の第5話で登場する「藍ごはん」を紹介する。

 藍の料理は、レンコンのきんぴらやサバみそ、ギョーザやあんみつなど、家庭的で親しみやすいラインアップ。SNSでは「藍くんのギョーザもあんみつも食べたい」「全国からサバが消えます。みんなみそ煮にします」「素っ気なく『おかわりあるから』って言われたい」と話題となっている。

 第4話(11月1日放送)では、藍が「ご飯を作らない」と宣言し、パンしかない花巻家の朝食風景もあったが、第5話ではハンバーグを作るシーンが登場。みことにまだ不機嫌な顔を見せている藍だが、キッチンに立って家族のハンバーグを黙々と手ごねする場面写真が公開されている。今作で初めて料理に挑戦したという、横浜さんの料理の上達ぶりにも注目だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る