岡村隆史:忠臣蔵の聖地・泉岳寺での苦い思い出明かす「空き巣に…」 「決算!忠臣蔵」公開直前イベント

映画
映画「決算!忠臣蔵」のイベントに登場した岡村隆史さん

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんが11月11日、赤穂浪士の墓所として知られる泉岳寺(東京都港区)で行われた主演映画「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督、11月22日公開)の公開直前イベントに、ダブル主演を務める俳優の堤真一さん、中村監督と共に登場。岡村さんは、「実は泉岳寺に住んでいたことがあって……そのときに空き巣に入られた」と明かし、集まった報道陣を驚かせた。

 岡村さんは、「でも、最上階だったのですが何もとられなかった」と続け、「高倉健さんからいただいた手紙が置いてあったのですが、空き巣の方がそれを読んで『ただごとではない』と思って何もとらずに帰ったのでは。何もとられない伝説の泉岳寺」と回顧。聞いていた中村監督が、「高倉健さんは大石内蔵助を演じたことがある」と話すと、岡村さんは、「そのパワーだと思います」と結びつけ、笑いを誘った。

 堤さんが大石内蔵助、岡村さんが矢頭長助の討ち入り装束姿で大ヒット祈願&大石内蔵助の墓前を参拝。堤さんは、「今までの大石内蔵助のイメージとはまったく違うので、この格好をして(大石)内蔵助さんのお墓の前に立ったとき、心の中でつぶやいた言葉は『申し訳ありませんでした』」と苦笑い。そして、「今日はたくさん写真を撮っていただいていますけど、この辺に(大石内蔵助の)何かが写っていたら教えてください」と報道陣に呼びかけていた。

 映画は、山本博文・東京大学大学院教授の著書「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)が原作で、予算と関西弁を切り口とした忠臣蔵の物語。主君・浅野内匠頭の仇(かたき)を討つため、上限予算9500万円以内でなんとか討ち入りするべく、「これなんぼ?」が口癖の内蔵助ら赤穂浪士の姿を描く。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る