同期のサクラ:第6話 高畑充希“サクラ”がついにそんたく? 新田真剣佑“葵”、竜星涼“菊夫”との恋は… 

テレビ
連続ドラマ「同期のサクラ」第6話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が11月13日、放送される。同話には、子役の粟野咲莉(あわの・さり)ちゃんらがゲスト出演する。

 2019年10月、すみれ(相武紗季さん)がサクラの病室を訪れ、中学生になった娘つくしの写真を手に、サクラに感謝の気持ちを伝えていた……。

 2014年10月。サクラは、花村建設の子会社に飛ばされたことを祖父の柊作(津嘉山正種さん)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていた。相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラだが、その心には少しずつ迷いが生じていた。

 サクラのことを気にかけつつも、8歳のつくしの子育てと仕事の両立に追われるすみれは、黒川(椎名桔平さん)から、有名評論家の椿美栄子を招く講演会「女性研修セミナー」の仕切りを丸投げされる。椿は理不尽で細かい要望が多い上、社長(西岡徳馬さん)と仲が良いため粗相は許されないと、プレッシャーをかけられる。

 数日後、椿のマネジャーの米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛さん)、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加。そんな中、サクラはすみれが離婚し、シングルマザーになったことを知る。やがて、米田を交えた打ち合わせが始まり、余計なことを言わないようすみれからくぎを刺され必死に我慢するサクラだが、米田の理不尽な要求に黙っていられず、口を出して怒らせてしまう。

 打ち合わせ後、百合がサクラを合コンに誘おうとしているところに葵(新田真剣佑さん)が合流。サクラに思いを寄せる葵は、サクラの恋愛事情が気になる。同じころ、菊夫(竜星涼さん)は、蓮太郎(岡山天音さん)にけしかけられ、サクラをデートに誘おうとする。講演会が迫る中、すみれは米田からの細かい要望に追われ頭を抱えていた。そんな折、つくしが同級生を殴ったと学校から呼び出される……という展開。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。“バカ正直”でそんたく知らずの主人公・サクラと同期社員たちの10年間を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る