伊藤あさひ:先輩・福士蒼汰との“特撮ヒーロー”共演も話題 「4マリ」第6話で救命士の苦悩を熱演

テレビ
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第6話の場面写真=TBS提供

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド(4マリ)」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が11月15日に放送される。「死の運命」が見える能力を持つみこと(福士さん)が、義姉の沙羅(菜々緒さん)が28歳の誕生日に死ぬ運命にあることを家族に打ち明け、運命の日まで9カ月を切った“第2章”がスタート。救急救命士になって1年目で悩む、みことの後輩・上田(伊藤あさひさん)にもスポットが当たる回となる。

 上田を演じる伊藤さんは、特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で夜野魁利(ルパンレッド)を演じて話題となった。今作では、現場の厳しさを目の当たりにする新人救命士を繊細に演じている。

 SNSでは、伊藤さんと同じく「仮面ライダーフォーゼ」で仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗役を演じていた福士さんとの共演に、第1話から「フォーゼとルパンレッドが一緒の画面に!」「ヒーローの先輩・後輩だ!」と、歓喜の声が集まっていた。さらに、公式ツイッターでは「烈車戦隊トッキュウジャー」でトッキュウ4号/ヒカリ役を演じた横浜流星さん(今作でみことの義弟・藍役)も加わって“ヒーロー”共演3ショットが公開され、ファンを喜ばせた。

 第6話は、みことが沙羅にプロポーズする急展開が描かれる一方、上田に関する物語も描かれる。まだ仕事についていくのが精いっぱいの上田は、救命現場での重篤な事案が続き、心身ともに疲弊していた。救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた矢先、小さい男の子が倒れた現場に出動し、さらなる不安に打ちのめされてしまう。救命士としての自信を失いかけた上田に、先輩のみことは、自分が新人だった頃の話をする……という展開。実際に所属事務所でも先輩と後輩の間柄となる福士さんと伊藤さんが、どのように演技を見せるのかも注目だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る