秋田汐梨:「3年A組」「惡の華」で話題の16歳、最新カレンダーはナチュラル 挑戦してみたい役は「いじめっ子」

芸能
2020年版のオフィシャルカレンダーの発売記念イベントに登場した秋田汐梨さん

 モデルで女優の秋田汐梨さんが12月1日、東京都内で自身のカレンダー「秋田汐梨オフィシャルカレンダー2020」(SDP)の発売記念イベントを行った。秋田さんはカレンダーについて「明るい感じになっています。去年のはスタジオで撮って、今年は外で歩きながら撮ったので私の素の表情とか、ナチュラルな感じです」と語り、満面の笑みを見せた。

 カレンダーを飾る場所について聞かれると「机の上に。去年のカレンダーと並べて置いて、私の成長を楽しんでほしいです。この1年で顔が大人っぽくなったと言われることが多くなったので(笑い)」と声を弾ませた。撮影では「髪をかき上げる写真が入っていて、屋上で撮影したのですが風が強く寒くて大変でした」と、苦労も明かしていた。

 秋田さんは、今年1月期に放送された連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)、「映画 賭ケグルイ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)、映画「惡の華」(井口昇監督)などに出演。今年1年については「『賭ケグルイ』『惡の華』で演じた役は挑戦的な役でした。今までの活動とは違い、新しいことに挑戦でき、新鮮でした」と語り、充実した表情を見せた。

 今後の目標について質問された秋田さんは「女優としては、どんな役でも当てはまれるようになりたい」と回答。普段の秋田さんは「クラスの中のムードメーカー的な存在ではない」と明かし、挑戦してみたい役には「自分と違う性格の役。元気な女子高生の役とか、いじめっ子とかやってみたい」と、語っていた。

 カレンダーは卓上タイプで、全8ページ、価格は1500円(税抜き)。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る