午前0時、キスしに来てよ:まるで“おとぎ話”? “国民的スター”片寄涼太が“女子高生”橋本環奈に靴履かせ

映画
映画「午前0時、キスしに来てよ」のビジュアル(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんと女優の橋本環奈さんのダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の本編映像が12月6日、公開された。国民的スーパースターの綾瀬楓(片寄さん)が、花澤日奈々(橋本さん)がいる学校を訪ねてきて、ひざまずきながら、日奈々の足に靴を履かせるという“おとぎ話”のような胸キュンシーンなどが収められている。

 楓と日奈々の出会いは、映画の撮影で楓が日奈々の通う学校を訪れたことがきっかけ。その後、街で偶然の再会を果たすがファンに見つかってしまい、逃げる中で、日奈々が履いていた靴が壊れてしまった。公開された映像は、壊れた日奈々の靴をキレイに修理した楓が、再び学校を訪れた。映像では、日奈々に思いを寄せる幼なじみのあーちゃん(眞栄田郷敦さん)や親友のるんちゃん(岡崎紗絵さん)の複雑な表情も楽しめる。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの楓と“超・まじめ人間”の女子高生の日奈々の“格差恋”を描く。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る