鈴木達央:声優として大事にしている思いとは… 「ぼくらの7日間戦争」北村匠海&芳根京子との収録秘話も

アニメ 映画
劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」で緒形壮馬の声を演じている鈴木達央さん

 声優の鈴木達央さんが出演している劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」(村野佑太監督)が12月13日から公開される。同作は宗田理さんのベストセラー小説「ぼくらの七日間戦争」(KADOKAWA)が原作で、人気グループ「DISH//」のメンバーで俳優の北村匠海さん、女優の芳根京子さんが声優としてダブル主演。鈴木さんが声を演じるのは主人公のクラスメートの緒形壮馬で、ノリが軽いクラスの中心的存在だ。鈴木さんに北村さん、芳根さんとの収録エピソードや演じる上で大事にしている思いなどを聞いた。

 ◇壮馬役は「逆算で考えていった」

 原作は累計発行部数2000万部を超える「ぼくら」シリーズの第1作で、1985年に刊行された。今作は実写映画で描かれた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年を舞台に“7日間”の冒険が描かれる。いつも一人で本ばかり読んでいる鈴原守、議員の父親の都合で1週間後に東京に引っ越すことになった千代野綾たちが、古い石炭工場を秘密基地に7日間、大人から隠れようとする……というストーリー。北村さんが守、芳根さんが綾を演じ、1988年公開の実写映画で主人公の中山ひとみを演じた女優の宮沢りえさんが“2020年の中山ひとみ”の声優を務めることも話題を集めている。

 以前に実写映画は見ていたが、時代背景が異なるため、今作の収録に臨むにあたって「あえて見返しはしなかった」と鈴木さん。「脚本を読み、今の子供たちのお話だな、と思ったので、むしろそれをもっとリアルに知りたいなと思いました。今の子たちが、SNSなどを使って当たり前のように生活しているのはどういう感覚なんだろう、とリサーチもしました」と語る。

 演じる壮馬は明るいクラスの中心的存在だ。鈴木さんはそんな壮馬について「人を受け入れることが一番の魅力かなと思います。なんでも、受け入れるのが早いんですよ」と魅力を説明する。だが、実は人には言えない過去も抱えているキャラクターでもあり、演じるにあたって「逆算で考えていきました」という。「壮馬の弱点をまずテーマとして持ち、その上でどうやってその弱点を覆い隠すか、ベールをかけるか……そういうことを考えながら向き合いました」と鈴木さんは振り返る。

 ◇北村匠海、芳根京子との共演は…

 本作ではダブル主演の北村さん、芳根さんと収録現場で時間を共にした。鈴木さんは「北村さんと芳根さんが独特の空気感を出してくれて、個性派と呼ばれる部類ってこういうことを言うんだろうな、とまざまざと感じたんです。通常のプロの声優(だけ)ではなかなか出てこない空気感で、流れている時間が、すごく大事だったなと思います」としみじみ語る。

 鈴木さんにとって、今作の収録では「空気感が命」だった。のちに鈴木さんが一人で収録した際は「なかなかそのときの感じに飛べなくて、リテイクしまくりました。みんなで録っているときはそんなこと1回もなかったんですけど……。一人で録(と)っていると、全然できなかったです。あれは本当に悔しかったですね」と苦笑いする。

 現場では鈴木さんが北村さん、芳根さんに技術的な面のアドバイスもしていたという。セットが組まれている中で演じる俳優とは違い、声優はマイクが数本立っているだけのスタジオで演技をしなければならない。「そういう状況だと『ここは大自然です』と言われても、なかなか想像しづらい。そういうときに『普段はこんな感じでやっていますよ』と、彼らにエッセンスとして投げてしまえば、絶対に(イメージが)広がるであろうと思っていました。いわばちょっとした調味料ですね。そういうものを僕ら側から提案して教えることはできるんじゃないかと思っていました」と語る。

 ◇「役を友達のようにとらえること」を大事に

 鈴木さんといえばテレビアニメ「七つの大罪」シリーズのバンや「Free!」シリーズの橘真琴など、これまでさまざまな人気キャラクターを演じてきた。そんな鈴木さんが普段、演じる上で大事にしているのは「役を記号としてとらえないこと」だという。

 「ずっと思っているのは、自分の友達のように役をとらえるようにしたい、ということ。例えば、すごく魅力的な友達がいたとして、その友達を誰かに紹介するときに『この子のすごいところはこういうところなんだよ』と自信満々で教えるような、そんな存在でいたいなと思っています。キャラとして扱わず、一人の人として扱うようにしています」

 ときには、演じる役の状態で日常を過ごすこともある、と鈴木さん。「そうすると『こういうことを言うのかな』と、役がどんどん自分の中に浸透していくんです。決めた時間にやるようにしています。例えば、お風呂を沸かしてから入るまで役のまま継続していよう、とか。特に、つかみどころがピンと来ないな、と悩んだときは必ずするようにしていますね」と役作りを明かす。

 そんな鈴木さんが今後挑戦してみたい役は、悪役だという。「完全悪とか必要悪とかではなく、悪役。実は悪役と呼ばれるものって少なくて、僕もまだやったことがないんです。『こいつ毎回悪いことやって、いつも退治されるね』みたいな、そういう役をやってみたい。悪の役をやっている悪役。愛らしいなと思うんです。たとえばルパンの銭形警部って、インターポールといえば正義の味方のはずなのに、悪役じゃないですか(笑い)。ああいうのっていいな、と憧れがありますね」と楽しそうに語ってくれた。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る