山本耕史:「仮面ライダー」出演で大人から大反響 「保育園の先生とか…」 

アニメ 映画
「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」の初日舞台あいさつに登場した山本耕史さん

 俳優の山本耕史さんが12月21日、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの映画最新作「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」(杉原輝昭監督)の初日舞台あいさつに登場。「仮面ライダーゼロワン」の飛電或人(高橋文哉さん)の父・其雄を演じている山本さんは、劇中で「仮面ライダー1型」に変身。山本さんは変身ポーズについて「『どうしますか』と言われて。自分で決められる感じだったんです。高橋くんの(変身ポーズ)を見て、逆(の動き)でいったらいいんじゃないの、という感じで……」と工夫を明かし、「『2分ぐらい変身ポーズやっててもいいの?』と言ったら『ほんの3秒ぐらいだとうれしいです』みたいな……」と笑いながらエピソードを明かした。

 山本さんはテレビシリーズから続けての出演。反響について「大人の方からすごく反響がありまして」と明かし、「保育園の先生とか。それまでは、いい意味で距離をとっていてくれたんですけど、この仕事が決まって出演するって発表したときに、園長先生が紙に『仮面ライダー見ます』って(書いて)立っていたんです。そんなに好きだったんだと思って、すごく親近感持っちゃって」と回顧。また、三谷幸喜さんからも連絡があったといい、「『耕史君は変身するの?』と言われて。テレビシリーズを撮っていたぐらいのときだったので『まだ分からないですけど、映画に続くと思います』と言ったら『ぜひ変身してゼロワンと戦ってくれ』と言われて。まさかそれがその通りになるとは」と驚きを明かしていた。

 舞台あいさつには「仮面ライダーゼロワン」の高橋文哉さん、岡田龍太郎さん、鶴嶋乃愛さん、井桁弘恵さん、中川大輔さん、砂川脩弥さん、「仮面ライダージオウ」の奥野壮さん、押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さんも出席。映画にゲスト出演する生駒里奈さんと、杉原監督も出席した。

 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」は、冬の仮面ライダー映画シリーズの新作で、キャッチコピーは「ジオウ、終幕の日。」「ゼロワン、誕生の日。」「決して、交わってはならない」。タイムジャッカーのフィーニス(生駒さん)の歴史改変により、12年前に起きた爆発事故「デイブレイク」以降、ヒューマギアが人間が支配する世界を舞台に、「仮面ライダーゼロワン」の主人公・或人(高橋さん)は、父でヒューマギアの其雄(山本さん)と出会い、ゼロワン誕生の秘密に迫っていく……というストーリー。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る