生駒里奈:「仮面ライダー」へのあこがれ明かす 「いつか『変身』って言いたい」

アニメ 映画
「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」の初日舞台あいさつに登場した生駒里奈さん

 女優の生駒里奈さんが12月21日、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの映画最新作「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」(杉原輝昭監督)の初日舞台あいさつに登場した。今作で仮面ライダーの世界の歴史改変をもくろむタイムジャッカー・フィーニス役を演じている生駒さんは、もう一度出演するならどんな役がいいかと聞かれると「いつか『変身』って言いたい。そうなれるように努力していきたいなと思います」と変身ポーズへのあこがれを明かしていた。

 生駒さんは、出演の反響について「普段あまり連絡をとらない地元の親友から、仮面ライダー(出演)のニュースが出た瞬間に『出るの? 見る!』って(笑い)。紅白の出場が決まったとき以来、すぐに(連絡が)来ました」と笑いながら明かし、「それぐらい(出演するということが)大きかったんだなと思います」と語った。

 舞台あいさつには「仮面ライダーゼロワン」の高橋文哉さん、岡田龍太郎さん、鶴嶋乃愛さん、井桁弘恵さん、中川大輔さん、砂川脩弥さん、「仮面ライダージオウ」の奥野壮さん、押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さんも出席。映画にゲスト出演する山本耕史さん、杉原監督も出席した。

 「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」は、冬の仮面ライダー映画シリーズの新作で、キャッチコピーは「ジオウ、終幕の日。」「ゼロワン、誕生の日。」「決して、交わってはならない」。タイムジャッカーのフィーニス(生駒さん)の歴史改変により、12年前に起きた爆発事故「デイブレイク」以降、ヒューマギアが人間が支配する世界を舞台に、「仮面ライダーゼロワン」の主人公・或人(高橋さん)は、父でヒューマギアの其雄(山本さん)と出会い、ゼロワン誕生の秘密に迫っていく……というストーリー。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る