ゲゲゲの鬼太郎:第88話「一反もめんの恋」 妖怪と人間のシェアハウスで… 渕上舞、塩屋浩三が出演

アニメ マンガ
「ゲゲゲの鬼太郎」の第88話「一反もめんの恋」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期(フジテレビほか)の第88話「一反もめんの恋」が1月12日、放送される。

 一反もめんは、アルカリユリコにはフラれた上に「薄っぺらい」と言われ、慰めてもらおうと鬼太郎の家に行くと、鬼太郎はねこ娘と出かけてしまう。「幸せになりたか~」と酒を片手に嘆く一反もめんのところに、新たな事業に手を出したねずみ男が現れ、新事業のビビビハウスへの入居をもちかける。妖怪と人間の男女が共同生活を送るシェアハウスで、一反もめんは、誰かと恋に発展するかもしれない……と期待して、即座に参加を決める。渕上舞さんが友人に誘われてビビビハウスにやってくるまーちゃん、塩屋浩三さんが妖怪の古籠火をそれぞれ演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちと、さまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る