松嶋菜々子:テレ東ドラマに初出演 “吉田茂”鶴瓶とお座敷遊び「お開きさん」も

テレビ
スペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」に出演する松嶋菜々子さん(C)テレビ東京

 女優の松嶋菜々子さんが、2月24日にテレビ東京で放送される開局55周年特別企画スペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」で、同局のドラマに初出演することが3日、分かった。妻の死後、吉田茂(笑福亭鶴瓶さん)を支えた元芸者“こりん”こと坂本喜代を演じる。劇中では鶴瓶さんと松嶋さんが、陽気に仲むつまじくお座敷遊び「お開きさん」をするシーンもあるという。

 劇中で松嶋さんが演じるこりんは、新橋の元芸者で吉田の後妻となった人物。大磯の別荘で共に生活をしながら世話にいそしみ、日本のトップへと上り詰めた吉田を、持ち前の頭の良さと気配りで静かに支え続けた。吉田の生前も死後も、報道陣には門前払いを貫き、何も語らず亡くなったという。

 松嶋さんは、こりんを演じることについて「芸者さんでいらした方なので意識したのは『粋』。その定義は難しいものでしたが、表に出ることなく吉田茂に寄り添い影で支え続け、吉田茂の娘・和子とも良好な関係を築いていることから、賢い居心地のいいすてきな女性だったのではないかと思い、メークや衣装でも、その『粋』を意識しました」と語っている。

 ドラマは、第二次世界大戦前、白洲次郎(生田斗真さん)と親交が深く、駐英大使の吉田茂は、戦争回避に向けて動くが、日本は第二次世界大戦に踏み切った。終戦後、GHQと向き合う外務大臣のなり手が誰も見つからない中、吉田に白羽の矢が立つ。吉田は外務大臣として、後に総理大臣として、日本の独立と復興を担うことになる……という展開。新木優子さん、矢本悠馬さん、前野朋哉さん、安田顕さん、勝地涼さん、佐々木蔵之介さんらも出演する。24日午後9時放送。

 ◇松嶋菜々子さんのコメント

 ーー実在するこりんを演じてみていかがでしたか。また松嶋さんが考えるこりんの人物像とは? 役作りや心がけたことなどあればお聞かせください。

 芸者さんでいらした方なので意識したのは「粋」。その定義は難しいものでしたが、表に出ることなく吉田茂に寄り添い影で支え続け、吉田茂の娘・和子とも良好な関係を築いていることから、賢い居心地のいいすてきな女性だったのではないかと思い、メークや衣装でもその「粋」を意識しました。

 ーーテレビ東京開局55周年ということで豪華な顔ぶれとなった本作ですが、鶴瓶さんはじめ共演されての印象は?

 鶴瓶さんとは、この作品で2度目の共演になります。とてもユーモアがあり温かくスマートな人柄は、吉田茂の魅力を表現するのにピッタリ。現場でお会いした時は、似ているその風貌も含めて驚き、この企画でキャスティングされた方のセンスがすごいと感心しました。

 新木優子さん、生田斗真さんとは初めてお会いしましたが、それぞれに吉田茂の娘・和子と白洲次郎を品よく魅力的に演じていらしたと思います。

 ーー鶴瓶さんとの撮影中のエピソードはありますか?

 現場では、いつも笑わせていただき楽しく撮影をすることができました。2人で御座敷遊びをするシーンで思わず関西弁が出てしまった鶴瓶さんが、とてもチャーミングでした。

 ◇倉地雄大プロデューサーのコメント

 本作最後の情報解禁は、テレ東初出演の松嶋菜々子さんです! 若松節朗監督×松嶋菜々子さんといえば、名作「やまとなでしこ」をはじめ、何度もタッグを組んでいる2人です。撮影現場で2人の長年積み上げた信頼関係を見て、深まっていく役の奥深さを知って、改めて感動してしまいました。

 早くに妻を亡くした吉田茂を、秘書を務め、事実上の“ファーストレディー”として支えたのが娘・和子で、その逆で、最も吉田の身近で影から支えたのが、松嶋さん演じるこりんです。きっと、吉田が“ニッポン独立”に向け邁進(まいしん)するにあたり、どちらも欠かすことのできない女性だったのだと思います。

 このドラマには、たくさんの志に燃えた男たちが出てきますが、熱い志は、時として激しくぶつかります。その筆頭となる吉田は、アメリカや日本国内で、始終闘っています。その中で、こりんとのひと時が、きっと吉田がふっと息を抜く瞬間だったのだ、と鶴瓶さんと松嶋さんの2人の空気感が思わせてくれました。

 今の時代を作ってくれた先人たちに敬意を払いつつ、ドラマ「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜」はさまざまな人間ドラマが詰まったエンタメ作品となっています。どの世代にも見てほしい、知ってほしいドラマです。放送まであと少しありますが、24日、ぜひご覧ください!

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る