松下洸平:「スカーレット」八郎役で脚光 音楽活動を再始動 GWに大阪・東京でソロライブ

芸能
ゴールデンウイークに大阪と東京でソロライブを開催することが決定した松下洸平さん

 放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」でヒロイン・喜美子(戸田恵梨香さん)の夫・八郎を演じ、脚光を浴びた俳優でシンガー・ソングライターの松下洸平さんが、ゴールデンウィークの4月29日と5月1日に大阪と東京でソロライブを開催し、音楽活動を再始動させることが2月3日、分かった。

 松下さんは1987年3月6日生まれ、東京都出身。2008年より自作曲に合わせて絵を描くパフォーマンスを開始し、“ペインティング・シンガーソングライター”として活動。その後、舞台・ドラマ・映画などに出演。2018年、舞台「母と暮せば」「スリル・ミー」での演技が評価され、第70回文化庁芸術祭新人賞、読売演劇大賞優秀賞、読売演劇大賞杉村春子賞を受賞した。 また、5月22日公開の映画「燃えよ剣」にも出演が決まっている。

 「スカーレット」では素朴で誠実な八郎を好演し、朝ドラ出演前は3500人程度だったインスタグラムのフォロワーは現在18万人を突破。そんな松下さんが新たな音楽活動のスタートとして、朝ドラの撮影で長期間過ごし、大好きな場所となった大阪、そして東京の2カ所でソロライブを開催する。

 公演タイトル「KOUHEI MATSUSHITA LIVE 2020“HEART”」。大阪公演は4月29日にCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホール、東京公演は5月1日にマイナビBLITZ赤坂で行われる。チケットの一般発売は3月28日から。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る