仮面ライダー:“ゲイツ”押田岳、実は戦隊ヒーローになりたかった 「ジオウ」Vシネトークショー

アニメ
イベントに登場した明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)役の押田岳さん

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)で明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)を演じた押田岳さんが2月3日、東京都内でVシネマ「仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」の公開記念キャストトークショーを開催した。小さいころ仮面ライダーになりたかったか聞かれた押田さんは、「どっちかというと5人いる方(スーパー戦隊)になりたかった。青になりたかった」と、なかでもブルーに憧れていたことを告白。ゲイツ役を演じたことで、「そうしたら自分一人でも変身できる方になって。今は仮面ライダーの方が好き」と話し、笑顔を見せた。

 「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」は、テレビシリーズ最終回の“その後”を描くVシネマ。テレビシリーズでは“2号ライダー”だったが、今作では主役を務めることについて、「ようやく(ジオウの)奥野(壮さん)の前に立てるのかと。1年間サポート役に徹してきましたが、ようやく俺が一番だ、と」とちゃめっ気たっぷりにコメント。「メインは最高でした。楽しかったです」と主役を堪能したことを振り返った。

 そんな奥野さんについて、「1年間通して2人でいろいろ話し合いながらやっていた。自分は『どうしたらいいかな』と聞いちゃうクセがあるのですが、彼は『がっくん(押田さん)の好きなことやればいいよ』ってずっと言ってくれていた」と話し、「それがこの作品だけじゃなくて、ずっと支えになっていた」と感謝の言葉を口にした。

 今作には多数のレジェンド2号ライダーが出演。「戻ってきてくださった方が渋い方たちばかり。あのメンツ最高じゃないですか」と押田さんは観客に呼びかけ、「特にアクセルの木ノ本(嶺浩)さんと仲よくさせてもらって。もともと木ノ本さんとスウォルツ役の兼崎(健太郎)さんが仲良くて、(ウォズ役の渡邊)圭祐も入れてちょっとご飯に行った。そこで芝居の話とかもしながらふざけながら楽しく過ごしました」と撮影エピソードを開かした。

 Vシネは、普通の高校生となったゲイツ(押田岳さん)、ソウゴ(奥野さん)、ツクヨミ(大幡しえり)の3人が登場。けがで柔道の選手生命を絶たれたゲイツの前に、謎の青年ウォズ(渡邊さん)が現れ、ウォッチとドライバーを差し出してゲイツに救世主になることを告げる。さらに、クラスには海東大樹と名乗る転校生も現れ……という展開。2020年2月28日から期間限定で劇場上映される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る