横浜流星:深キョンとの熱い抱擁「久しぶりの再会がうれしくて…」 今後は朝ドラ、大河も視野に

テレビ
「2020年 エランドール賞」授賞式に登壇した横浜流星さん

 映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する「2020年 エランドール賞」の新人賞を、俳優の横浜流星さんが受賞し、2月6日に東京都内で行われた授賞式に出席した。会場から大きな歓声を浴びた横浜さんは、「皆さんすごいですね。熱量に圧倒されています。歴史ある賞をいただき光栄です」と驚きつつも、喜びを語った。

 この日は、「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で共演した深田恭子さんもプレゼンターとしてサプライズ登場。横浜さんとステージで熱い抱擁を交わすシーンもあった。

 横浜さんは授賞式後の会見で、「本当にうれしいです。深田さんが来てくれて、そこで『初めて恋をした日に読む話』という作品が愛されているんだって肌で感じられて役者冥利に尽きるなって、幸せなことだな」と喜びをかみしめると、“熱い抱擁”については「本当に深田さんに久しぶりに会ったので、久しぶりの再会がうれしくて……」と照れ笑いを浮かべた。

 今後に向けて「応援してくださる方の気持ちに応えられるように、精いっぱい恩返しできるように頑張っていきたい」と力を込めると、「役者としての一つの目標である朝ドラだったり、大河ドラマにも出演できたらいいな、今後」と語っていた。

 横浜さんは昨年、「初めて恋をした日に読む話」を皮切りに、「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系)、「4分間のマリーゴールド」(TBS系)と3作の連ドラに出演。映画には「愛唄 -約束のナクヒト-」「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」「チア男子!!」「いなくなれ、群青」に出演し、一躍ブレークを果たした。

 エランドール賞の新人賞はスター性と演技力を兼ね備え、次代の映画やテレビを背負って立つことが期待される俳優に贈られる賞。今年は新人賞に横浜さん、神木隆之介さん、安藤サクラさん、清原果耶さん、吉沢亮さん、橋本環奈さんが選ばれた。

 また、特別賞は映画「新聞記者」の製作チームが受賞。プロデューサー賞は映画「翔んで埼玉」の若松央樹さんと古郡真也さん、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の清水拓哉さん、家冨未央さん、大越大士さん、プロデューサー奨励賞は映画「蜜蜂と遠雷」の石黒裕亮さん、連続ドラマ「凪のお暇」(TBS系)の中井芳彦さんが受賞した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る