平祐奈:初の社会人役に気合「オフィスの制服うれしい」 東村アキコの「ひまわりっ」をテレビ宮崎がドラマ化

マンガ テレビ
「ひまわりっ~宮崎レジェンド~」のクランクイン取材会に登場した平祐奈さん

 女優の平祐奈さんが2月10日、神奈川県内で行われたテレビ宮崎の開局50周年ドラマ「ひまわりっ~宮崎レジェンド~」のクランクイン取材会に登場。主人公のマンガ家を目指すOLのアキコを演じる平さんは、初の社会人役に「学生役が多いので、ちょっと『見えるのかな?』っていう不安も少しはあったけど、やっとできるんだって」と力を込め、「オフィスの制服を着られるのはうれしい。とっても新鮮です」と喜んだ。

 「ひまわりっ~宮崎レジェンド~」は、「偽装不倫」「東京タラレバ娘」(いずれも日本テレビ系)、「海月姫」(フジテレビ系)など多数のドラマ化作品を持つ、宮崎県出身の東村アキコさんがマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載していた「ひまわりっ ~健一レジェンド~」が原作。テレビ宮崎としては初の連続ドラマ挑戦となる。

 この日は高橋克典さん、井上祐貴さんも出席した。ドラマの見どころを聞かれた平さんは、「お父さん(高橋さん)の暴れ方。すごいコミカルな動きで、克典さんの膝が柔らかいと思った(笑い)」「マンガで描かれているものを(実際に)動作で表現できるということにびっくりして感動しました」とコメント。聞いていた高橋さんが、「祐奈ちゃんはもっとまっとうな道をこれから歩んでいただきたいので、あまり参考にしなくても。今回終わったら忘れてもらって」と話すと、平さんは「忘れないですよ。勉強になります」と切り返し、周囲を笑わせていた。

 ドラマは、マンガ家を目指すOLのアキコ(平さん)が、突拍子もない言動で周囲を困惑させるマイペースな父・健一1号(高橋さん)、植物にやたら詳しい超天然な彼氏候補の健一2号(井上さん)ら、個性的な仲間に振り回されながらも夢や恋に全力で突き進む姿を、“宮崎あるある”を交えつつコミカルに描く。テレビ宮崎で5月中旬に放送されるほか、配信や他エリアでの放送も予定されている。1話15分で、全10話。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る