病室で念仏を唱えないでください:第5話 “僧医”伊藤英明が無期限出勤停止に “児嶋”松本穂香は救急に転科

テレビ
連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の伊藤英明さん主演の連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が2月14日、放送される。女優の榊原郁恵さん、俳優の温水洋一さん、品川徹さんがゲスト出演する。

 松本(伊藤さん)は、亡くなった少女を虐待した義父を殴り、警察に逮捕されたあげく、無期限の出勤停止処分を受ける。謹慎中の松本は、師匠の円明(団時朗さん)の昔からの友人、石川祐三(品川さん)が老衰で臨終が近いと知らせを受け、医療用具を持参して石川家に向かう。しかし、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤してしまう。

 一方、濱田(ムロツヨシさん)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香さん)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してくる。

 ある日、松本は、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、息子が川で溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと励まされる。その帰宅途中にビルの工事現場で事故を目撃し……というストーリー。

 原作は、マンガ誌「ビッグコミック」増刊号(小学館)で連載中のこやす珠世さんの同名マンガ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る