テセウスの船:真犯人は誰だ? “さつき”麻生祐未が本命? ドラマPが出したヒントは…

テレビ
謎が謎を呼ぶ「テセウスの船」。真犯人は誰なのか……。(C)TBS

 俳優の竹内涼真さん主演で、主人公が無差別殺人事件の謎を追う姿を描いている連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)が、SNSを中心に真犯人をめぐった考察が大盛り上がりしている。第5話(2月16日放送)では、事件の舞台となった音臼小の教師だった木村さつき(麻生祐未さん)が、佐野文吾(鈴木亮平さん)の無罪を証言しようとする松尾紀子(芦名星さん)の命を狙う姿が描かれた。真犯人は一体、誰なのか……。ドラマの渡辺良介プロデューサーを直撃した。

 ◇真犯人は“さつき”麻生祐未? 見えない動機 

 原作はマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガ。主人公の田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の文吾が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追うストーリーだ。4話から第2章に入り、31年前から現代に戻ってきた心が、文吾の冤罪(えんざい)を晴らすために奔走している。

 そんな中、心は、村田藍と名前を変え、整形もしていた実姉の鈴(貫地谷しほりさん)と再会した後、冤罪を晴らすため協力を願い出る。鈴は、無差別殺人事件の被害者で車椅子で生活をする木村みきお(安藤政信さん)、そして、みきおの母のさつきと静かに暮らしていた。

 ところが、さつきは、鈴とみきおが暮らす部屋に隠しカメラを仕込み、監視をしていた。その後、心と鈴が、証言者として名乗り出た松尾に会いに行こうとするのを阻止した上、松尾の命を狙った。さつきはしつこく鈴を脅迫し、文吾を犯人扱いし、松尾に証言をさせないようにと執着心をあらわにしたが、現在のところ、音臼小で教師をしていたさつきが無差別殺人事件を起こしそうな動機につながる部分が描かれていない。第6話(2月23日放送)では、さつきに毒入りのジュースが届くという、波乱の展開が待っている。今後、さつきと事件の関わりがどのように描かれるのか、注目だ。

 ◇“みきお”安藤政信が共犯者の可能性を示唆? 真犯人の狙いは鈴?

 第6話の予告映像では、「共犯者の影」というテロップと共に、みきおが「母は操られていた」「藍と母まで傷つけた犯人を僕は許せない」などと語る姿が収められており、何か手がかりを持っているように見える。

 また、3話までの“過去パート”では、ノートに描かれた奇妙なうさぎの絵を見つめる田中正志(せいやさん)、軽トラックの荷台に大量の除草剤を積む徳本卓也(今野浩喜さん)、不気味な表情を浮かべる音臼小の校長、石坂秀夫(笹野高史さん)、薄ら笑いを見せながらワープロの画面に向かう井沢健次(六平直政さん)の姿なども描かれた。この4人は“現代パート”には、まだ登場していない。登場しないかもしれないが、出るとすればどのような形なのか、期待がかかるところだ。

 さらに現在から過去へ、過去から現在へと2回タイムスリップしただけに、再び歴史が変わる可能性を考えると、さまざまな理由で“退場”した登場人物も完全にシロとは言えない。また、第4話の予告映像に登場した「真犯人の狙いは-姉!?」というテロップも思わせぶりだ。

 ◇SNSの考察盛り上がり「うれしい」 真犯人のヒントは…

 2月23日放送の第6話は、心が記者の岸田由紀(上野樹里さん)と共に事件の真相に迫っていく。さらに、心は命と引き換えに真犯人に会いに行く決意をする……というストーリー。予告映像には、「真犯人の真実」というテロップと同時に心が「お前だったのか」と語るシーンも収められており、SNS上での考察もさらに加熱しそうだ。

 渡辺プロデューサーに、SNSで真犯人の考察が盛り上がっていることを、どう受け止めているのか聞くと、「視聴者の皆さんがSNSでつながって『犯人は誰なのか』と盛り上がってドラマを楽しんでくださっているのが、とてもうれしいです!」と語る。

 また、先日行われたイベントでは、原作の東元さんが手紙で「原作と犯人が違うと聞いている」と衝撃の事実を明かしている。そこで「真犯人のヒントをください!」と直撃してみると「真犯人はすでに、出ています……」とコメント。これから出てくる新キャラクターが真犯人ということはないという。そうなるとかなり限定されてくるが……。ますます考察が盛り上がりそうだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る