テセウスの船:“心”竹内涼真&“文吾”鈴木亮平&“和子”榮倉奈々のお楽しみ会に視聴者「号泣タイム!!」

連続ドラマ「テセウスの船」第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「テセウスの船」第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)の第7話「新章スタート!運命の事件当日」が3月1日、放送された。同話では、再び平成元年にタイムスリップした田村心(竹内さん)の提案で、「音臼小無差別殺人事件」の前夜に佐野文吾(鈴木亮平さん)、和子(榮倉奈々さん)の佐野一家でお楽しみ会を開くシーンが登場。SNSでは「めっちゃ泣ける」「号泣タイムきた~」「感動シーン…」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。ツイッターでも「#テセウスの船」が世界トレンドの4位に入った。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガが原作。主人公の田村心が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う物語。 

 ◇以下、ネタバレあり

 第7話では、心が、再び平成元年にタイムスリップ。「音臼小無差別殺人事件」発生の2日前だった。心は文吾と共に、少年のみきお(柴崎楓雅さん)を追うが、村から消えてしまった。みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉さん)と兄・慎吾(番家天嵩くん)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回り。村人、そして、和子、鈴(白鳥玉季ちゃん)、慎吾と溝ができていってしまう……という展開だった。

 事件前夜、心は、文吾の空回りでバラバラになりつつある佐野家でお楽しみ会を開こうと提案。プロレスをしたり、鍋を囲んだりして盛り上がる。さらに、タイムカプセルを作ることに。心は、由紀(上野樹里さん)との結婚指輪と自筆の家系図をタイムカプセルに入れる……。事件当日の朝、文吾が村を出ようとする和子と子供たちに向かって「大好きダーッ!」とアントニオ猪木さんのものまねをするシーンもあり、「こんなに泣ける猪木のものまね、初めて見た」「猪木のものまねが胸にくる」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る