ブラッククローバー:第127話「手掛かり」 ゴードンの実家は… ドロシーも登場

アニメ マンガ
テレビアニメ「ブラッククローバー」の第127話「手掛かり」の一場面(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で田畠裕基さんが連載中のマンガが原作のテレビアニメ「ブラッククローバー」の第127話「手掛かり」が、テレビ東京系で3月24日午後6時25分に放送される。

 ゴードンは、禁術の呪いについてさらなる情報を集めるため、アスタやゴーシュ、グレイと共に呪詛(じゅそ)魔道士の名門でもある実家を訪れる。アスタたちは、家の中に案内されたものの、どことなく不気味なゴードンの家族に動揺を隠せない。そこで、アスタたちは思いがけない情報を得る。一方、兄のノゼル団長に言われ、珊瑚の孔雀団のドロシー団長を訪ねたノエルは、母の死の真相と世界でうごめいている悪魔の話を聞く。それはくしくもゴードンの祖母の口から出たものと同じだった。

 「ブラッククローバー」は、魔法が存在する世界を舞台に、生まれながらに魔法が使えない少年アスタが、魔法帝を目指す姿を描いている。毎週火曜に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る