千葉雄大:伊藤沙莉とのシーン「全部印象的」 現場がピリつくくらい“笑っちゃって”NG 「いいね!光源氏くん」語る

テレビ
NHKの連続ドラマ「いいね!光源氏くん」 に出演する千葉雄大さん(左)と伊藤沙莉さん

 「よるドラ」(NHK総合、土曜午後11時半)枠で4月4日にスタートする連続ドラマ「いいね!光源氏くん」 に出演する俳優の千葉雄大さんと女優の伊藤沙莉さんが、このほど対談した。えすとえむさんの同名マンガが原作で、現代に出現した絶対的美男子・光源氏を演じる千葉さんと、光源氏をヒモ同然のように自分の部屋に住まわせることになる藤原沙織役の伊藤さんが、ドラマの見どころを語った。

 千葉さんは自身の役柄について「光源氏はいろいろな作品で描かれている人物ですが、今回は、皆さんが思われている“プレイボーイ”な光源氏とは少し変わっています」といい、「目の前で起こったことを素直に楽しんでいて、鈍感な部分もあるけど、柔らかさをもって、切なさもありつつ。僕はそこがすごく好きで、本当に純な人物だなと思いました」と語る。

 一方、伊藤さんは「沙織は自分に自信がないし、美人の妹がいて、自分は脇役人生って勝手に思い込んで勝手につらくなっている女性なので、原作と台本を読んで、自分と近い部分というか、共感するところはたくさんありました」といい、「沙織のような役を表現するために、私を選んでくださって本当にありがたかったです。この役を演じられて、よかったなと思っています。沙織は応援したくなる女性なので、“がんばれ~”と思いながら演じていました」と話している。

 また千葉さんは、「沙織殿(伊藤さん)とのシーンは全部印象的でした。沙織と2人のシーンが多かったので、そこの時間の紡ぎ方っていうのは、見てくださっている方にも、のちのち思い返していただけるシーンがたくさんちりばめられていると思います」とコメント。続けて「特別変わっているなと思ったのは、光源氏が劇中で突然、和歌を詠(よ)み始めるので、そういった突拍子もない部分は、(共演者やスタッフに)多々ご迷惑をおかけしたなと思いますけど(笑い)、そういう誇張されがちなところを、いかに真剣にやるかということが、楽しくて印象に残っています」と明かす。

 伊藤さんも「このドラマは不思議な、普通だったら妄想みたいなことが起きるので、すごく奇抜なシーンはたくさんあるんですけど、意外と、光くん(千葉さん)が沙織のおうちに来てからの歯磨きを教えてる時間とか、スマホのいじり方を教えてる時間とか、そういうささいなシーンが自分の中では濃かったなと思うし、すごく楽しかったです」と振り返っている。

 そのほか、千葉さんはドラマの中で「急にくる恋愛モードがツボでしたね」と話しており、「笑っちゃってNG出すとか、いままでの役者人生の中でなかったんですけど。今回は現場がピリつくくらい(NGを)出しちゃって、ほんともうスタッフの皆さんごめんなさいって思いつつ。でも、ただ単純にほほ笑えましく終わるだけじゃなく、心から笑えた部分があったので、結果オーライかなと」と語る。

 さらに千葉さんは伊藤さんから、「基本的にはカメラが回ってないところで踊ってました」と撮影現場での様子を暴露されると、「やべーやつみたくなるじゃないですか」と笑いつつ、「でも言われて気づいたんですけど、そうだったかも。ほんとにずっと烏帽子もつけているので、動きが制限されて。そこから解放されたい瞬間があって。突然踊りだして。でも彼女は踊れるから、セッションみたいに返してくれるんです」と伊藤さんに感謝していた。伊藤さんも「セッションしてましたね。ノーミュージックで」と認めていた。

 ドラマは、「源氏物語」の中で雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現。地味で自分に自信がない今風のこじらせ会社員・藤原沙織が、ヒモ同然のように住まわせることになる……という“イケメン居候コメディー”。沙織の妹・詩織役で入山杏奈さん、頭中将(とうのちゅうじょう)役で桐山漣さんも出演する。全8回。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る