梶裕貴:主演ドラマで“キス顔”披露? 「ぴぷる」カット公開 田中将賀デザインのアバターも

アニメ テレビ
WOWOWのドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」の一場面(C)2020 ドラマ「ぴぷる」製作委員会

 声優の梶裕貴さんが初主演するWOWOWの連続ドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」の劇中カットが4月7日、公開された。梶さん演じる主人公・摘木健一が人型AIのぴぷるを起動させるシーンや、摘木がぴぷるにキスをしようと試みる場面などが写し出されている。

 アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」「君の名は。」などの田中将賀さんが、ドラマに登場する摘木のアバターのキャラクターデザインを担当することも発表された。摘木は、副業としてウェブラジオ番組のパーソナリティーを務めており、アバターはラジオ配信中のタブレットの画面上に表示される。田中さんは、小説と連動したウェブドラマ「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」でもキャラクターデザインを手がけた。

 ドラマは、原田まりるさんの小説「ぴぷる」(KADOKAWA)が原作。人間とAIが結婚できるようになった近未来を舞台に、サラリーマンの摘木健一と、その妻となった人型AIのぴぷるの恋愛、結婚生活を描く。梶さんは、原作小説と連動したウェブドラマ「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」で、摘木健一の声優を務めた。ドラマは、モデルで女優のアヤカ・ウィルソンさんがぴぷるを演じる。

 5月18日から毎週月曜深夜0時にWOWOWプライムで放送。全8話で、初回2話連続放送。第1話のみ無料放送。

 ◇田中将賀さんのコメント

 (アバターのデザインの担当が決定したときは)すごくうれしかったです。原作の原田先生より、新しく書く小説のキャラクターを描いてほしいと依頼されたとき、実写化なんて想像していませんでした。そして実写化にあたって僕が関われることがあるなんて、もっと想像していませんでした。アバターデザインという役割をくださった原田先生、実写スタッフの皆様に感謝いたします。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る