古川慎:「かぐや様」は「コントのような団体芸が魅力」 熱演の裏側 第2期は変化も?

アニメ
アニメ「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」で白銀御行の声優を務める古川慎さん

 テレビアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の第2期「かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~」が、MBS、TOKYO MX、BS11ほかで4月11日から順次、放送される。原作は、赤坂アカさんがマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気ラブコメディーマンガ。第1期から引き続き、秀才の集う秀知院学園の生徒会長で、質実剛健、聡明な白銀御行(しろがね・みゆき)の声優を務めるのが古川慎さんだ。古川さんは、第14回声優アワードで助演男優賞に選ばれた。第1期では、テンポのいい会話劇でファンを魅了した。第2期ではどんな演技を見せてくれるのだろうか? 「かぐや様」への思い、第2期の見どころを聞いた。

 ◇「かぐや様」で引き出しが増えた

 秀才ぞろいの秀知院学園を舞台に、プライドが高く「自分から告白したら負け」と互いに考えている生徒会副会長の四宮かぐやと生徒会長の白銀御行が、いかに相手に告白させるかに知略を巡らせる姿を描く。テレビアニメ第1期は2019年1~3月に放送。人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さんや女優の橋本環奈さんが出演する実写映画も公開された。

 個性的なキャラクターによるテンポのいい会話劇、ギャグが魅力だ。古川さんは、演じる中でコントのような魅力があると感じているという。

 「かぐやが可愛いし、会長をはじめとした生徒会のメンバー、キャラクターのやり取りが面白い。面白い以上の言葉が見付からない(笑い)。ここ面白かったよね! と話ができて、誰かと共有したくなる笑いなんですよね。キュンキュンするところもあります。本当にズルい! 演じてみて改めて感じたことなんですけど、コントのような団体芸が魅力だと思います」

 白銀を演じることでたくさんの刺激も受けた。

 「第1期では、どんなふうに面白くするかをものすごく考えたり、悩んだりしました。間の取り方、言い回しなど自分だけのことを考えればいいわけではなく、ほかのキャラクターのことも考えないと、バランスが悪くなってしまうんです。やればやるほど、これが正解なのか? と悩む。勉強になります。台本のチェックにもすごく時間がかかります。どうしたら一番面白いのか? と何回も繰り返し練習していました。いろいろな引き出しが増えたような気がします」

 ◇苦労した「了解」 白銀のブレない芯も

 「かぐや様」は、会話劇が魅力の一つで、声優陣の熱演も話題になった。

 「一人で練習していた時に思い描いていたものと、実際のアフレコでは全然違うこともあって、でもそれが、すごく良くなるんですよね。掛け合いによって生まれる雰囲気、温度感が大事。テストでみんながそれぞれ持ってきたプランをぶつけ合って、本番はその温度感を意識しつつ、表現していきます。共演者の皆さんがいるからこそ答えが出ることがありますし、(原作者の)赤坂先生に相談することもあります。周囲の方に助けられています」

 「かぐや様」は名ぜりふだらけの作品だ。古川さんはその中でも第1期最終話の「了解」というせりふが特に印象に残っているという。複雑な感情を込めた。

 「実は現場に行くまで、どういう言い方をしたらいいのか悩んだままだったんです。感情を優先すると熱くなり過ぎるし、白銀の表情を考えたら……と。本番は、少し抑えた感じになりました。あそこから白銀が格好良くなったんですよね。最終話ですが(笑)」

 白銀のブレない芯のようなものも意識している。

 「彼は決して聖人ではないのですが、相手を思いやる優しさもあり、そこを真っすぐ、正直に演じたいんです。普通の高校生が努力して会長になったわけで、会長だから堂々としているけど、内面は普通の高校生。そこを大事に演じようとしています」

 そんな白銀も第2期では変化が見られる。

 「第2期は、かぐや、白銀以外のキャラクターにもフォーカスが当たります。恋模様、家庭事情も描かれ、芝居をする中で頭の使い方も変わりました。シリアス路線もあり、会長の格好いいところも増え、今までとは違う部分も見えてくるんです。前より頼もしくなっているかな? いろいろなキャラクターが掘り下げられるので、好きなキャラクターがこれまでよりもさらに増えるはずです」

 第2期で古川さんら声優陣はどんな熱演を見せてくれるのだろうか? 変化が注目される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る