仮面ライダーゼロワン:イズちゃんがまるで別人? 「TGC」とコラボで或人社長と2ショットランウエー

アニメ テレビ
「仮面ライダーゼロワン」第32話のワンシーン TGCのランウエーに登場したイズ(鶴嶋乃愛さん、左)と飛電或人(高橋文哉さん) (C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第32話(4月19日放送)で、主人公・飛電或人(高橋文哉さん)と秘書型ヒューマギアのイズ(鶴嶋乃愛さん)が2人並んでランウエーを歩くシーンがあることが4月12日、分かった。2月29日に国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で開催された大型ファッションイベント「第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション(TGC)2020 SPRING/SUMMER」で実際に撮影された映像で、普段とはまるで別人な装いのイズと或人の姿が楽しめる。

 或人役の高橋さんは、「なんと今回、飛電或人(として)、『東京ガールズコレクション』にてランウエーデビューを果たしました!!」と喜んでいて、「イズと一緒にランウエーを歩けて、『アルトじゃないと!』もできて、何より楽しかったです!」と振り返っている。

 一方、イズ役の鶴嶋さんは、「なんと今回『東京ガールズコレクション』さんとコラボさせていただきました。なんと私と(或人)社長も出演させていただきました。(イズとして)初めてのランウエー、私も或人社長も新しい経験値を積み、また新たな気持ちで会社を盛り上げていけそうです」と語っている。

 「仮面ライダーゼロワン」は、元号が平成から令和に変わってから、1作目となる仮面ライダーで、テーマは「AI=人工知能」。ヒューマギア(人工知能搭載型ロボ)が実用化された世界を舞台に、AI企業「飛電インテリジェンス」の青年社長・飛電或人(仮面ライダーゼロワン)が、人工知能技術を巡る戦いに身を投じていく姿が描かれている。

 第32話は、新会社「飛電製作所」を設立した或人のもとに、新たな依頼人が駆け込んでくるところから始まる。依頼主はイベントキャスティング会社の社長で、ファッションモデルヒューマギア“デルモちゃん”(木津レイナさん)を復元してほしいと訴える。 

 デルモちゃんは若い世代から絶大な支持を集めるカリスマ的存在のモデルヒューマギアで、大人気ファッションイベントにも出演予定だったが、イベント直前、撮影中に電源を停止され、ZAIAエンタープライズによって回収されてしまったという。或人は“転身”のシステムを用いて、デルモちゃんを復活させるが……というストーリーが展開する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る