KEIKO:元KalafinaのKeikoが歌手活動再開 「Kalafinaの音楽を大事にしていく気持ちは変わらない」

ソロシンガーとして活動を開始するKEIKOさん
1 / 2
ソロシンガーとして活動を開始するKEIKOさん

 2019年3月に解散した女性3人組音楽ユニット「Kalafina(カラフィナ)」の元メンバーのKeikoさんが、ソロシンガーとして歌手活動を開始することが4月16日、分かった。解散から約1年を経てKEIKO名義で活動を再開する。

 今秋にavex traxからアルバムをリリースする予定で、5月にはアルバム収録曲「命の花」「Be Yourself」の2曲が先行配信される。KEIKOさんは「今までも、これからも、Kalafinaの音楽を大事にしていく気持ちは変わらない。ステップアップするという意味も込めて、私を知ってくださっている方にも知らない方にも、ソロとして新しい音楽を届けていきたい」と話している。

 Kalafinaは、Keikoさん、Wakanaさん、Hikaruさんの3人からなる女性ボーカルユニット。作曲家の梶浦由記さんのサウンドプロデュースのもと、「魔法少女まどか☆マギカ」「空の境界」「Fate/Zero」などの人気アニメや歴史番組「歴史秘話ヒストリア」の主題歌を担当した。

 ◇KEIKOさんのコメント

 大切な皆さまへ 初めまして お久しぶりです そして 待っていてくれて ありがとう KEIKOです。

 今、世界中が困難な問題に直面しています。今年はソロ活動という新しい挑戦をする決意を持って迎えましたが、現在、活動自粛が続いている業界において、今は私も皆さんと同じように大切な人を守るべく行動をしていきたいと思っています。日に日に変化する状況ではありますが、柔軟に、そしてしっかりと受け止め、身近な人と支え合いながら乗り越えていけたらと思います。一緒に乗り越えましょう。一日も早く皆さんと音楽ができる日がきますように。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る